<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
縁あって
いつもお世話になっているお客様のM様からお電話を頂いた。

「こんなこと、
   誰に頼んで良いのか分からなくて・・・」


お困りの様子。
ひとまずお話を伺う。


所有する賃貸物件の入居者さんが
 出掛けた先で突然亡くなられたとのこと。
ご遺族から残された家財の処分を頼まれたが
誰に頼んで良いのか分からず、お電話してこられたのだ。

「ついに遺品整理業!?」


悩んだがお受けしてみることにした。


現場の作業がストップする雨天の日に決行。
手先が器用な出水とチカラには自信有りの吉濱、
計3人で作業にあたる。


男性の独り暮らし。
先に亡くなられた奥様と思われる女性の遺影や位牌。


会ったこともない方だが、ついどんな方だったのか思いを巡らせてしまう。
ヘルパーさんの助けを借りながら暮らしておられた様子。
長く住んでおられる割に物は少なめ。


ベランダに丁寧に干されたバスタオルに心が痛む。
亡くなる当日の朝、その後の運命を知らないまま
帰宅したら使うつもりで干して出られたのだろう。


読みかけの本(松本清張さんの「わるいやつら」)
壁に掲げられた大きな帆船の写真(船乗りさんか?)
そしてお風呂のフタには購入年月日が記入されていた。


きちんと暮らしておられたようだ。(写真は片付け完了後のもの)
e0188555_11522371.jpg

















縁あって片付けをしている私たち。
こうして故人に思いをはせながら作業をしていると
他人とは思えなくなるし厳かな気持ちにもなってくる。


スタッフも同じだったようで、
家財一式全て処分OKとは聞いていたが
各々、言わずとも故人が偲ばれるもの、
記念になりそうなものはダンボール箱に取り置きしながら作業をしていた。



スタッフの頑張りで、片付けは一日で完了
e0188555_11524037.jpg

















記念になりそうなもの、大切そうなものは
いったん家主でもあるMさまへお渡し。


後日、全面的にリフォーム予定。


ビルの最上階。2面ベランダに面した眺めの良い居室。
更に快適で過ごしやすい部屋に生まれ変わるべくプラン作成中。


最後に・・・
入居しておられた方の想いが何らかの形で
無事大切な方のもとへ届きますように。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、
皆様にそだててもらったような気持ちでいます。
少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています





by kaji-kawa | 2018-03-12 12:15 | 梶川塗装
忘れられない友達
毎年この時期になると
思い出さずにはいられない古い友達がいる。
名前は理香ちゃん。


e0188555_16320543.jpg



















忘れもしない公立高校合格発表の日。
中学校で私を待ち構えていた理香ちゃんは私の合格を聞くやいなや
「アホやな、なんで合格したんよ!」と泣き崩れた。




その後、嗚咽交じりの「ゴメン」とともに理香ちゃんの口から聞いた衝撃の言葉。
「やっちゃん(私)が公立落ちたら
  一緒の高校に通えると思って・・・
    帰り道毎日遠回りさせて、
     受験勉強の邪魔してたんよ」




理香ちゃんは私が滑り止めで受験した私立高校に進学を決めていた。



そういえば・・・・
部活の引退後、毎日「一緒に帰ろう」と迎えに来てくれた理香ちゃん。
毎日毎日、帰宅ルートを大幅に外れ
田んぼで遊び
e0188555_16330691.jpg
















牛小屋で牛と戯れ
e0188555_16333258.jpg

















更には校区外まで足を伸ばし鶏小屋を観察
e0188555_16340190.jpg
















その後神社の境内で話し込み
1時間で帰宅できるところを、たっぷり3時間はかけて帰宅していたと思う。



理香ちゃんの思惑には全く気付いていなかった。
邪魔をされていたどころか、ただただ毎日が楽しかった記憶しかない。
本心で私の不合格を願っていたわけではないことも知っている。




理香ちゃんはフクザツな思いを抱えていたと思う。
何故なら彼女には私の志望校を伝えていて、
電車とバスを乗り継ぎ下見に付いて来て貰っていたのだ。
唯一の志望理由だった左端の音楽ホールは当時建設中。
合格もしないうちから足を運んで工事の進捗状況を偵察に行くほど
私が通いたいと願っていることを理香ちゃんが一番知っていたからだ。
e0188555_16565950.jpg
















同じ高校へ行くことのできない悲しみ、
友達が本当に行きたい高校に合格しての安堵
様々な思いがこみ上げて理香ちゃんは号泣したのだ。
フクザツな思いを抱えながらも傍に居てくれた理香ちゃん、ありがとう



その後お互いに「アホやな」と「ごめんな」を繰り返し
喜んだり悲しんだり、詰ったり詰られたりしながら
今までよりも更に時間をかけて帰宅したことを憶えている。



理香ちゃんとはかれこれ30年近く会っていない。
しばらく年賀状のやり取りが続いたが、就職を機に途絶えてしまった。
生き物が大好きだった理香ちゃん。
ペット関係の仕事に就いたことまでは知っている。



今はどうしているだろう。



今年は特に息子の高校受験と重なって
理香ちゃんや当時の心境が、より鮮やかに思い出される。



ところが・・・
当時を思い出せば思い出すほど、息子に対して
「勉強してる!?」 とは到底言えず苦しい日々。





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、
皆様にそだててもらったような気持ちでいます。
少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています




by kaji-kawa | 2018-03-08 17:24 | 梶川塗装