成長するということは
4月9日は息子の高校入学式でした。
e0188555_19051681.jpg
















希望に満ち溢れた新たな船出のはずなのに・・・・
知らない地域で・・・
周りは知らない人ばかり・・・
寂しさと不安に包まれて会場の席に着きました。



この歳になって、寂しいだなんて・・・。
今までが恵まれすぎていたのでしょう。



ヨチヨチ歩きの頃からずっと、息子は地域の方に囲まれて育ちました。
「この前信号無視しよったから怒っといたで!」
「野球始めたら、めちゃめちゃ挨拶してくれるようになったな~」



中学校に入り、部活が始まると沢山の方がネット越しに観戦。
週末ともなるとワンカップや缶ビール片手に(土地柄・・・(笑))
「ホラ打て!打てよ~!」オジサマ方の野太い歓声が。
絶好の観戦スポットである市バス「永沢町」バス停は、別名「居酒屋バス停」と命名。
e0188555_19225766.jpg















道を歩いていると見知らぬオジサンに
「息子さん、総体頑張ってもろてなぁ~」
何度声をかけられたことでしょう。




よく自宅から息子の様子を眺めました。
加えて毎日のように出会う学校の先生方からも情報が。
それがすっかり日常になってしまっていたのです。
e0188555_20054322.jpg


















なので、今まで気付きもしなかったのだと思います。
成長して大きくなるということは、
地元を離れ巣立っていくことなんだと。
巣立ってもらわなくては困るのですが・・・。



って・・・同じ神戸市内でこんなことを言ってはダメですよね。



当の息子?
入学式を終え体育館を出ると、
新入生とは思えない妙にウルサイ集団を発見。
上級生かと思いきや、輪の中には息子が。
皆より一足早く高校生活を始めた野球部新入生のグループでした。
新しい環境にオタオタする親をヨソに
当の本人は、さっさと高校生活を満喫していました。



まずは私自身が成長しなくては!
息子の姿を見て「これじゃイカン」と我に返った母でした。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、
皆様にそだててもらったような気持ちでいます。
少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています



# by kaji-kawa | 2018-04-17 19:40
ご報告が遅れまして・・・
「 で?どうやったん?
  (ブログ見たけど書いてないし・・)」



顔を見るなりお客様から真っ先に尋ねられること



それは
息子の高校受験の合否


ご報告できていなかったんですが無事に・・・ハイ。
喜びに浸る間もなく発表の翌日には合格者説明会。
各種手続きや各種書類の準備。
仕事の方では絶好の塗装シーズンを迎え、慌しい毎日。
あっという間に日が過ぎ、桜のシーズンも終わろうとしています。
ご報告が遅れ、申し訳ありません。
e0188555_18111315.jpg

















この一年。
志望校を絞り込むところから始まり
最後は神頼みの神様のことまで・・・。
沢山のお客様がアドバイスをくださいました。
道を歩けば「タイちゃん(息子のこと)頑張ってる?」地域の皆様。
何より親同様?・・それ以上に気を揉んでくださった中学校の先生方
ありがとうございました。



大好きな野球を通じて巡り合った志望校でした。
e0188555_18400121.jpg

















親にまで遡る不思議な巡り合わせ。縁だと思いました。
その「縁」を自力で掴み取って欲しいと見守った半年あまり。



合格発表から数日後に召集があり、
息子は既に念願の野球を楽しんでいます。


勿論のこと
お茶! お米!! お弁当!!!


受験期のイライラやモヤモヤ。
ホッとして疲れが一気に吹き出た身体にもう一度喝を入れないと・・・。



成長期のお子さんを支えるお母さん方、頑張りましょうね!!!




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、
皆様にそだててもらったような気持ちでいます。
少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています


# by kaji-kawa | 2018-04-05 18:48 | 梶川塗装
縁あって
いつもお世話になっているお客様のM様からお電話を頂いた。

「こんなこと、
   誰に頼んで良いのか分からなくて・・・」


お困りの様子。
ひとまずお話を伺う。


所有する賃貸物件の入居者さんが
 出掛けた先で突然亡くなられたとのこと。
ご遺族から残された家財の処分を頼まれたが
誰に頼んで良いのか分からず、お電話してこられたのだ。

「ついに遺品整理業!?」


悩んだがお受けしてみることにした。


現場の作業がストップする雨天の日に決行。
手先が器用な出水とチカラには自信有りの吉濱、
計3人で作業にあたる。


男性の独り暮らし。
先に亡くなられた奥様と思われる女性の遺影や位牌。


会ったこともない方だが、ついどんな方だったのか思いを巡らせてしまう。
ヘルパーさんの助けを借りながら暮らしておられた様子。
長く住んでおられる割に物は少なめ。


ベランダに丁寧に干されたバスタオルに心が痛む。
亡くなる当日の朝、その後の運命を知らないまま
帰宅したら使うつもりで干して出られたのだろう。


読みかけの本(松本清張さんの「わるいやつら」)
壁に掲げられた大きな帆船の写真(船乗りさんか?)
そしてお風呂のフタには購入年月日が記入されていた。


きちんと暮らしておられたようだ。(写真は片付け完了後のもの)
e0188555_11522371.jpg

















縁あって片付けをしている私たち。
こうして故人に思いをはせながら作業をしていると
他人とは思えなくなるし厳かな気持ちにもなってくる。


スタッフも同じだったようで、
家財一式全て処分OKとは聞いていたが
各々、言わずとも故人が偲ばれるもの、
記念になりそうなものはダンボール箱に取り置きしながら作業をしていた。



スタッフの頑張りで、片付けは一日で完了
e0188555_11524037.jpg

















記念になりそうなもの、大切そうなものは
いったん家主でもあるMさまへお渡し。


後日、全面的にリフォーム予定。


ビルの最上階。2面ベランダに面した眺めの良い居室。
更に快適で過ごしやすい部屋に生まれ変わるべくプラン作成中。


最後に・・・
入居しておられた方の想いが何らかの形で
無事大切な方のもとへ届きますように。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、
皆様にそだててもらったような気持ちでいます。
少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています





# by kaji-kawa | 2018-03-12 12:15 | 梶川塗装
忘れられない友達
毎年この時期になると
思い出さずにはいられない古い友達がいる。
名前は理香ちゃん。


e0188555_16320543.jpg



















忘れもしない公立高校合格発表の日。
中学校で私を待ち構えていた理香ちゃんは私の合格を聞くやいなや
「アホやな、なんで合格したんよ!」と泣き崩れた。




その後、嗚咽交じりの「ゴメン」とともに理香ちゃんの口から聞いた衝撃の言葉。
「やっちゃん(私)が公立落ちたら
  一緒の高校に通えると思って・・・
    帰り道毎日遠回りさせて、
     受験勉強の邪魔してたんよ」




理香ちゃんは私が滑り止めで受験した私立高校に進学を決めていた。



そういえば・・・・
部活の引退後、毎日「一緒に帰ろう」と迎えに来てくれた理香ちゃん。
毎日毎日、帰宅ルートを大幅に外れ
田んぼで遊び
e0188555_16330691.jpg
















牛小屋で牛と戯れ
e0188555_16333258.jpg

















更には校区外まで足を伸ばし鶏小屋を観察
e0188555_16340190.jpg
















その後神社の境内で話し込み
1時間で帰宅できるところを、たっぷり3時間はかけて帰宅していたと思う。



理香ちゃんの思惑には全く気付いていなかった。
邪魔をされていたどころか、ただただ毎日が楽しかった記憶しかない。
本心で私の不合格を願っていたわけではないことも知っている。




理香ちゃんはフクザツな思いを抱えていたと思う。
何故なら彼女には私の志望校を伝えていて、
電車とバスを乗り継ぎ下見に付いて来て貰っていたのだ。
唯一の志望理由だった左端の音楽ホールは当時建設中。
合格もしないうちから足を運んで工事の進捗状況を偵察に行くほど
私が通いたいと願っていることを理香ちゃんが一番知っていたからだ。
e0188555_16565950.jpg
















同じ高校へ行くことのできない悲しみ、
友達が本当に行きたい高校に合格しての安堵
様々な思いがこみ上げて理香ちゃんは号泣したのだ。
フクザツな思いを抱えながらも傍に居てくれた理香ちゃん、ありがとう



その後お互いに「アホやな」と「ごめんな」を繰り返し
喜んだり悲しんだり、詰ったり詰られたりしながら
今までよりも更に時間をかけて帰宅したことを憶えている。



理香ちゃんとはかれこれ30年近く会っていない。
しばらく年賀状のやり取りが続いたが、就職を機に途絶えてしまった。
生き物が大好きだった理香ちゃん。
ペット関係の仕事に就いたことまでは知っている。



今はどうしているだろう。



今年は特に息子の高校受験と重なって
理香ちゃんや当時の心境が、より鮮やかに思い出される。



ところが・・・
当時を思い出せば思い出すほど、息子に対して
「勉強してる!?」 とは到底言えず苦しい日々。





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、
皆様にそだててもらったような気持ちでいます。
少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています




# by kaji-kawa | 2018-03-08 17:24 | 梶川塗装
Jスタッフです
二月は 「逃げる」と言われますが、あっという間ですね。

今年の冬は長い・・・と思っていたのですが、

先日、息子の卒業式をむかえました



e0188555_14025175.jpg


お休みを頂いて、式に出席しました。

お陰さまで天気はよかったのですが、やっぱり体育館は冷えましたね。




e0188555_11251051.jpg

息子はクラスの代表として、卒業証書を授与されていました。


e0188555_11252459.jpg
かっこいいぞ!!



でも、「卒業生 退場」 の時にはポロポロ・・・


e0188555_14000759.png


在校生、先生方、保護者の待つ 花道を通り、

e0188555_11253463.jpg

友達との撮影会や、部活動の顧問とのお別れや、
学校との別れを惜しんでいるようでした。



e0188555_14000054.png






卒業の時には、卒業証書のほかにも記念品などを頂きますよね。


e0188555_11255969.gif

電波時計と 白いのは【モバイルバッテリー】(携帯電話の携帯バッテリー)でした。

これは時代だなぁ~と感じました。



卒業証書も筒型ではなく、ファイル形式でした。
 (昔は、筒のフタをぽんぽん鳴らしたものです)


e0188555_11254275.jpg

時代は違えども、卒業に対する気持ちは変わらないのでしょうね。

息子は三年間、自分なりに頑張った分、寂しいようです。


私もこれで式典にでるのは最後になるのかなぁと思いつつ、
あ~ やれやれとも思うのでした。


 


# by kaji-kawa | 2018-02-26 14:22 | 梶川塗装