道路は道路でも
只今施工中の兵庫区O様邸。



建物の2面が道路に面している。
足場を道路に立てねばならず、道路使用許可を取る必要があった。



北側は国道2号に面しており。
e0188555_12010996.jpg
















国道の管轄は国土交通省。
それは知っていた。



東側は普通の道路の面している。
迷いも無く建設局へ書類を持参した。



ところが、数日後。
建設局から
「道路使用許可申請を
    取り下げてください」
と連絡が。



「?????」
混乱したまま建設局へ。
担当の方から説明を受けた。



以前は私道だった道路を神戸市が買い取り。
まだ、道路として手続きが完了しておらず、
神戸市の市有地の扱いになるそう。




言われるがまま市役所へ。
所定の申請書類を受け取り、手続きを済ませた。




道路は道路でも・・・・・な、今回の出来事。
誰の道路か、誰の管轄か、書いててくれたら何度も足を運ばずに済むのになぁ
e0188555_11534371.jpg

















手続きの仕方もバラバラ。
使用期間の算出方法が違っていたり、(道路使用料金が変わってくるので注意!)
必要書類もそれぞれ違っていたり
許可が下りるまでの期間にも違いが有ったり(国土交通省は3週間必要)
工事着手前にも改めて届出をしなくてはならなかったり・・・・。




何とかギリギリに手続きは完了し、ホッ。
ご説明を下さった関係省庁の皆様、ありがとうございました。



Oさま、しばらくの間、宜しくお願いいたします。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、
皆様にそだててもらったような気持ちでいます。
少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。




# by kaji-kawa | 2017-07-20 13:07 | 梶川塗装
中学最後の夏が来たーーーーー!
中学野球最後の夏を迎えようとしている息子。




初戦を翌日に控えた6月30日
全員気合のヘアスタイルで臨んだ総体壮行会。
e0188555_22584352.jpg





その夜、中学野球最後の背番号縫い付け。
キモチ右肩上がりに縫い付けるのが私の流儀。
e0188555_23005975.jpg
先輩から受け継いだ背番号。




コッソリお札を縫い付けておこうか!?
必勝祈願に背番号を神社に持って行こか!?・・・・よくもまぁ色々と思ったものだ。



6月30日は壮行会でもありましたが、部活動引退の日でもありました。
顧問の先生が子ども達へ長いお手紙を下さいました。
文末は、こう締めくくられていました。



明日から始まる最後の力試し。
ひとつ、ひとつ、ひとつ、頂点まで。
絶対にかみ合わせよう。
そして、最高の夏にしよう。



思春期真っ只中、「別に・・・」クールを装う息子。
更年期真っ只中!?・・・読む前から既に涙ぐむ母。




総体は既に2回戦を終え、今週末は3回戦
e0188555_23102079.jpg




目いっぱい応援するね!
e0188555_23164441.jpg


二度と戻らない夏。
精一杯、ひとつ、ひとつ、ひとつ




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、
皆様にそだててもらったような気持ちでいます。
少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。



# by kaji-kawa | 2017-07-06 22:45 | 梶川塗装
「 思うんですけどね 」
お世話になっている西区S様邸。



塗装工事は既に完了しているものの、
ベランダの防水工事で思いがけない不具合が出て
ご迷惑をおかけしている。



ベランダの防水工事後、土間が膨れてきたのだ。

e0188555_14260333.jpg


























この地区での弊社の施工はS様邸で6件目。
以前、同じ建設業者さんが建てた近隣のお宅でも
同様の不具合があったことを念頭に置き、
細心の注意を払って施工したにもかかわらず・・・の不具合。



私どもも、防水屋さんも
各々が現場へ足を運び、不具合を確認。

e0188555_14344289.jpg
















後日お伺いすると、更に膨れた箇所が増えており、
状況が落ち着くまで、しばらく様子を見たい旨、S様へご説明。
了解を頂いた。




帰社すると、程なく防水屋さん来社。
間髪いれず
「 思うんですけどね 」
堰を切ったように話し出した。


一緒に不具合写真を見ながら喋るわ出るわ・・・
「 何故こうなった? 」
お互いの見解を話し出すと止まりません。

「 それはあると思う 」
「 それは違うと思う 」

長い間話し込み、今後についても共通の展望を得た。


「 思うんですけどね !」
    から始まる白熱の議論は梶川塗装では良くあること。


出入りの業者さんも、作業スタッフも。
今回のような不具合は勿論のこと、作業工程についてや
より良く仕上げるためにどうするか!も。
納得いくまで話し込む。
自分の関与していない現場の事でも、情報を共有したり、
もしかしたら自分の知識が提供できるかも・・・と、
皆が耳を傾け、意見を言う。


そんな環境を何より嬉しく思っている。
皆がそれだけ意識を持って
仕事に取り組んでいるからこそ!・・だと思うのだ。


Sさま、今しばらくご迷惑をおかけします。
宜しくお願いいたします。



兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、
皆様にそだててもらったような気持ちでいます。
少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。




# by kaji-kawa | 2017-06-24 15:19
Jスタッフです
6月も中旬となりました。
梅雨入りしてから空梅雨が続いております。   助かります(^_^;)


6月は『水無月』というのをご存知でしょうか?

梅雨の時期に 水 が 無い とはこれいかに・・・

『無』は『の』にあたる連体助詞というもので

『水の月』という意味になるそうです。


陰暦の6月は田に水を引く月であることから

『水無月』と言われるようになったという説もあります。



6月1日は 衣替えの日 気象記念日 とはよく耳にしますよね。

そこで6月の記念日を調べてみました。

・11日・・・雨漏り点検の日(梶川塗装にも雨漏り検診アドバイザーがおります)

・24日・・・ドレミの日

・26日・・・露天風呂の日


【ドレミの日】は 6月24日はクリスマスのちょうど半年前。
聖ヨハネの日と言われ、この日にドレミの音階を考えた音楽教師が
指導をして ヨハネ賛歌が歌われたという日だそうです。

【露天風呂の日】は 日本で作られた日
ロテンブロ = ロ(6)テンブ(2)(6)
   ばんざーい ばんざーい(^^)/






お久しぶりのペットネタです。。。
我が家のペット 雄猫のムウの近況です。

体も態度もますますデカくなったムウ
朝、私が起床すると お父さんの布団の上でなが~くなって寝てます。


e0188555_13552929.jpeg



私が洗濯物を干そうと ベランダへ向かうと・・・


e0188555_13572365.jpeg
なんでなのか、体を伸ばして “通せんぼ” をしてます。




私が仕事から戻ると・・・

e0188555_13574846.jpeg
椅子の上で寝ています。 猫はまぶたが薄いので光に弱いそうで
よくこのかっこうで寝てます。




外が暗くなるころカーテンを閉めると・・・

e0188555_13580322.jpeg
隙間から外を眺めているので、「ムウ」と声をかけると

e0188555_13561241.jpg
なんだよ! て顔で振り向きます。






ムウはお父さんが大好きで、お父さんの帰りを玄関で待っていたりします。



e0188555_13562229.jpeg



お父さんが帰宅して、お風呂にいくと時々ついて入ります。

でも、猫は水が大の苦手なので どうしているかというと・・・


e0188555_13571043.jpeg

お風呂のふたの上で水を飲んでます。







e0188555_14134959.jpeg

だんだん  だんだん
人間に近くなっていくように思うのは私だけでしょうか ??



# by kaji-kawa | 2017-06-16 14:35 | 梶川塗装
毎日の 「 どうやった? 」
午後6時前。
作業を終えたスタッフが続々と帰社する。



「 どうやった? 」 とは毎日のようにスタッフに尋ねている。
子供が帰宅して「 おかえり~どうやった? 」 みたいなノリで。
常套句・・・というか、癖・・・というか。



だが、ここ最近の「 どうやった? 」は、今までとは少し違うのだ。
心からの 「 どうやった? 」 なのだ。
毎日気にかけているのには理由がある。





それは今着手している現場(下請けです)
メタリック塗装!



メタリック塗装は時々問い合わせを頂くが、
主に店舗など少しのスペースで塗装する事がほとんど。



が、今回は
戸建住宅1軒まるごと!
しかも、大きな立派な建物・・・



さすがに困惑した。
「やめたほうがいい」と思わず言ってしまい
代わりになるような意匠性の高い材料をご提案したものの・・・。



それからしばらくは毎日帰社したスタッフと話しこみ。
「やっぱりやめたほうが良いのでは?」とスタッフからも意見が。
ムラになりやすいことが一番の理由。
小さなスペースだとムラなく仕上げられるが、
足場を組んだ状態で均等に仕上げるのは難しい。



もうひとつの理由は、
前回の塗装は弊社での施工ではなく、
何が塗られているのか分からないということ。
クリア塗装らしきものであることは分かるのですが・・・。
e0188555_15555848.jpg

























部分的に塗膜がしっかり残っていたり、いなかったり。
下地との相性のことも気にかかったのだ。




施主様に分かって頂くには・・・・




塗り板は小さすぎてイメージに繋がらず
考え抜いた挙句、実際に壁に塗らせていただいた。
e0188555_15472771.jpg










何度か、元請の工務店さん、施主様へお話しましたが
施主様の強い強い希望もあって、
「できるだけのことはします」で、今回挑戦してみることに。


しばらく、
「 どうやった? 」の日々は続きそう。



綺麗に仕上がりますように!
スタッフ皆の切なる願い。



# by kaji-kawa | 2017-06-05 16:24 | 梶川塗装