<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Jスタッフです

またずいぶんご無沙汰しました、Jスタッフです。
まず、九州の地震で被害にあわれた方々にお見舞い申し上げますm(__)m


早いもので4月も下旬となりました。
みなさんは、今年の桜をご覧になりましたか?
あまり街中で大木は見られませんが、川沿いにはよくありますよね。


桜がなぜ川沿いに多いのか・・・・・

桜は根が深く根付くので、水害防止に植えられました。
それと、川沿いの土手を踏み固めるために、人々を集める必要があったためです。
桜を植えればその花を愛でるために人が集まる、
人が集まればお金をかけることなく土手を踏み固めることができると考えた人がいたんですね。


e0188555_1303534.jpg




川を氾濫から守り 人の心を豊かにするという役割を 今年も一所懸命努めました。
この桜は、私の実家の近くです(^^)




さて、桜を見るころ・・・・・の少し前、3月下旬にはいろいろなことがありました。

うちのワンパク猫がとうとう去勢手術しました。
とにかく布団に近いモノ、座布団や毛布、あげくには座椅子にまでマーキングして
少し気温が上がってきたら、鳴き声が野太くなりだしたので病院へ行きました。

雄猫の去勢は一番早く、安くだそうで、お昼前に預けて夕方にはお迎えでした。


e0188555_1395044.jpg



見てください。 この恨めしそうな顔!!!

まぁ自然界ではあり得ないことをしたので、かわいそうと言えばかわいそうですが・・・・・



ワンパク猫の病院通いには、今回長男が手伝ってくれました。
その長男も、4月から社会人になるため家を出ました。


e0188555_13143936.jpg



親は子供の年齢と同じに育つものだと聞いたことがあります。
「子育て」というのはどの時期をさす言葉なのか、私は知りませんが、
私は長男と共に、楽しい「親子育て」時間を過ごさせてもらいました。
息子が“良い子”だったからでも、子育てに自信があったわけでも無く
楽しいと思わせてくれることばかりだったからです。

「子育て」に正解はないと思っていますが、
いつか「お母さんの子供でよかった」と言ってくれたら、
私の「親子育て」は間違ってはなかったかな・・・と思います。









兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-04-22 13:33 | 梶川塗装
アンタも 好きネェ
この仕事をして14年。


仕事を通じて出会う様々な業種の方に
「 アンタも好きねェ・・・」とは
さすがに言わないけれど、


思わず
「 ホンマ(仕事が)好きやなぁ 」
なんて言ってしまう事が多々ある。



先日も、そんな事があった。



夜7時頃。
お客様から電話。
「倉庫の電動シャッターが閉まらなくなった」 



大きな大きな倉庫に大きな電動シャッター。
閉まらなければ、夜間倉庫は開きっぱなし?・・・・・大問題!



大慌てで、お世話になっている金物屋さんへ援助要請。
シャッターのメンテナンスさんを手配してもらった。



金物屋さんと先に現地へ直行。
シャッターのメンテナンスさんとは現地で待ち合わせをすることに。



こんな微妙な時間に呼び出して・・・・・
メンテナンスさん怒ってる・・・かも・・・(汗)



そんな心配をよそに、
メンテナンスさん、笑顔で登場。



それどころか故障したシャッターを見て感嘆の声?をあげたのだ。
「 コレ、めちゃめちゃ年代物ですよ!
 まだ現役なんですね~すごいなぁ!」




それから、なんと臨時のシャッター講座開講!
シャッターのモータや安全装置の仕組み、
そして、今回のような故障時の対処方法
e0188555_1812457.jpg




あまりに楽しそうに語ってくださるので
お客さまも、金物屋さんも、皆が思わず引き込まれ 
「へぇ」を連発。



結果としては
「年数が年数なだけに完治は難しい。」との事だったけれど
無事シャッターも閉まり、
故障時の取り敢えずの対処法もマスター。



「 ホッ 」 と同時に、感謝が込み上げた。
ほとんど見かけることのない年代物のシャッター。
もしかして別のメンテナンスさんだったら解決していなかったかもしれない。



何より、あの楽しそうな話しぶり。
「好き」なんだろうなぁ。



「 「好き」 を、仕事にすると良くない!」と、
時々に耳にする。
だけど、好きでなければ、知識を深める気にもならないし、何より続かない。
最初から好きな仕事ではなかったとしても、
「好き」を、見つけることが出来れば何よりだ。



「好き」な仕事をしている人と居合わせると
こちらまで嬉しくなる。



「好き」のパワー、恐るべし!



さわやかな気持ちで帰途に就いた。



シャッターメンテナンスさん、金物屋さん、
ありがとうございました。



沢山の愛すべき「仕事好き」に囲まれ、
本当にありがたいと、日々感謝。
私どもも、そういう会社でありたい!と、しみじみ思う毎日。




「 ホンマ、好きやなぁ 」は、
もしかしたら最上級の褒め言葉なのかもしれない。






兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-04-14 18:57 | 梶川塗装