<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
勢いで・・・京都
ずっとずっと行きたかった展覧会が終わってしまう
琳派誕生400年記念 
 琳派 京(みやこ)を彩る



今日しかない
今日しかない



という訳で、勢いだけで
「京都国立博物館で開催中」 だけを頼りに、
十三から河原町行き特急に飛び乗った。
何とかなるだろう と、思ったのだ。



ところが、河原町駅を降り、地上に出て直ぐ
思わず独りツッコミ
「どうにもならんやろ」


恐ろしいくらいの、 人、    人、   


まぁ なんということか・・・・。



人の波に呑まれ、流されるまま、鴨川を渡り
南座
e0188555_14122190.jpg



気を取り直して、とにかく南東を目指し
見知らぬ路地に入り込み
e0188555_14131137.jpg



建仁寺にぶつかり
e0188555_14134959.jpg



またまた路地に彷徨い出て
安井金比羅宮に出た
(何も知らなかったが縁切りで有名な所だそう)
e0188555_14161531.jpg




ガイドブック地図も、何ももたず、
ましてや、未だガラケーなので検索の術も無し。
とにかく脇目も振らず南東目指して闊歩闊歩。
それ故か、街歩きのベテランと勘違いされ
御一行様に付いて来られるというハプニングに見舞われながらも
ガンガン歩く歩く。



だけど・・・・・
南へ行き過ぎてやしないか・・・・・
不安になり始めた頃、東山五条の交差点付近で
道案内ボランティアのオジサンに遭遇。
「もうちょっと・・・には遠い距離だけど、
     このまま真っ直ぐやで」

お墨付きを貰い、またまた歩く。





そうして・・・ようやく
着いたぁ!!!
赤坂迎賓館でも知られる片山東熊設計の建物が見えてきて
e0188555_14284451.jpg

ホッと安堵。



残念ながら現在は改修工事に向けて閉鎖中。
口をあけて眺めながら
e0188555_1431613.jpg




会場の平成知新館へ
e0188555_1431563.jpg




会場も凄い人で、
最前列で見たいものは列に並び、
そうでないものは、人垣の間から観た。
e0188555_14525695.jpg




ミーハーなのは百も承知。
観たかったのは 俵屋宗達の 「 風神雷神図屏風 」
e0188555_14482359.jpg

e0188555_1448441.jpg




私を京都行きに駆り立てたのは、
この「風神雷神図屏風」に関する、とある研究者さんの仮説だった。



貿易商で書家でもあり、宗達と親交の深かった角倉素庵。
晩年ハンセン病を患い、人目を避けるため山奥に隠遁した。
本来は赤く描かれることの多い雷神を宗達が白く描いたのは、
病によって肌が白くなってしまった素庵を雷神に、
宗達自身を風神に見立て、素庵に寄り添いたいという
宗達の気持ちを表現したものでは?
という説。


だとしたら、この風神の、雷神の無邪気で楽しそうな表情の説明が付く!
仮説とはいえ、妙に納得し、ストンと腑に落ち
同時に、ものすごく感動してしまったのだ。


当時らい病と呼ばれたハンセン病。
国による隔離政策は、1907年から1996年まで続いた。
が、完治の方法が確立された今も、差別は根強く残っている。
不治の病、前世の因果による病とされていた江戸時代。
人々の目は、今よりもっと厳しいものだったに違いない。
そんな頃、敢えて宗達が、
素庵への変わらぬ友情を表明したのだとすれば・・・



今までとは、全然見方も変わるんじゃないか・・・そう思ったのだ。
念願かなって、じっくりと最前列で かぶりつき。



3時間滞在の後、博物館を後に。



河原町駅前で
今年20周年を迎える
皆川明さんの mina perhonen 京都店に立ち寄り、京都を後にした。
e0188555_14583940.jpg




行きたいところには行けたし、
あの人の多さ、もうしばらく京都は懲り懲り!?



平日なら、もうちょっと空いているんだろうか。



やっぱり行きたい・・・ゆっくりと、京都





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2015-11-25 15:38 | 梶川塗装
嬉し、美味し、ありがとうございました!
先日、うれしいお土産が届いた。



かきせんべい



送り主は、お客様のHさま。
お仕事のため、今は広島で暮らされている。
「あぁ・・・・」
思い当たるフシがあり。
気を遣ってくださったのだ。



遡る事もう少し前、
事務所にヒョッコリHさまが。
久しぶりにお会いできたことが嬉しく、しばらくご家族の近況をお伺い。
その際に、ちょっとした用事を言付かった。
本当に、ちょっとした用事でしたので、お金は頂かなかったのだ。



で、逆に気を遣っていただく結果になった様子。
「H様らしいなぁ。」
嬉しい気持ちと同時に、お手を煩わせてしまい、申し訳ない気持ちも。



だけど、やっぱり眺めては、ふと笑顔に。
嬉しい!



で、仕事終わりのスタッフ達と、頂きながら、
お礼状を書こうということになり、
撮影会開催!
e0188555_17504748.jpg




「高級な おにぎりせんべい みたいや」

「ウマイ、もうひとつチョーダイ」




あれよあれよという間に完売御礼寸前。




「チョット、私の分は?」
しっかりチャッカリ頂きました~。




Hさま、
有難うございました。

e0188555_1842969.jpg

お忙しいさなか、このようなお心遣いをいただき、恐縮ながらも、
そのお気持ちが、何より心にしみ、嬉しく、美味しさも倍増でした。
そちらは神戸よりも、寒いのでは?と思います。
慣れない環境ですが、奥様も、ご家族の皆様も、くれぐれもお元気で。






                                        
兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2015-11-16 18:18 | 梶川塗装