<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
新年1冊目の本
新年から2冊続けて良い本に出会った。


2冊目は先日紹介した「万寿子さんの庭」
http://kajikawa.exblog.jp/19567725/


今回は1冊目の本、
梨木香歩さんの「家守綺譚」
e0188555_176162.jpg

良い本と一括りに言いましたが、読了感の全く異なる2冊。
前述の「万寿子さん~」の方は貪るように一気に読み終えて、
「良かった!おかわり!!!」という感じ。
一方の「家守~」は、一気に読み終えるのが勿体ない、
じっくりじっくり・・一つの言葉も無駄にしたくないような・・そんな本。


映画化された「西の魔女が死んだ」もそうだけど、
梨木香歩さんの言葉が紡ぎだす庭の風景の心地よさ!
美しい言葉で、ひとつひとつの物に注がれた
密やかながら芯の通った命の温かさ。
ずっと留まっていたいような・・・。


今回の作品は古き良き日本の風景が舞台。


綿貫征四郎は、縁あって今は亡き学友、高堂の実家の家守をしながら
文筆活動に勤しんでいる。
「庭の手入れはご随意に」という高堂の父の言葉に甘えて、
庭は草木の自主性に任せることにしている。
結果、庭は周囲の壮大な自然とも相まって、
様々な草木の息吹にあふれ、
引き寄せられるように様々なものが現れるようになる。
鶏、獣、仔竜、桜鬼、河童、人魚・・・。
亡くなった筈の高堂までもが掛け軸の中から現れる始末。
そして、庭の来訪者を取り仕切る飼い犬のゴロー。
彼らと綿貫の交流を描いたお話。


???


不思議なお話なのだ。
この世のものと、あの世のもの。
様々な生き物に宿る精霊たち。
折に触れて感じることの無くなってしまった者達。
懐かしさを感じるのはそういう背景から?


昔は確かに有ったのだ。
何かしらの “気” を感じながら暮らしていたように思うのだ。


小学校3年生まで私が暮らした家は、それこそオンボロ家。
“気” を感じた、そもそもの理由はオンボロだからなのか?

ココロが美しかったから?

感受性豊か?だったから?


家のあちこちに、“気” を感じるスポットがありました。
うまく説明できないけれど・・・でも気になる・・・そんな場所が。


座敷の隅の薄暗い空間。
どこか違う世界に繋がっていそうな真っ暗な押入れの奥
時折擦れたような音がした天井裏(実は蛇が棲んでいた)
長い土間
雨が降り出すと家中がギシギシ軋んで・・・。
庭の竹藪の奥の暗がり
シイタケの菌床の木のトンネル
昔の道具で溢れていた隣のおばあちゃんの納屋


そこで、何を見た訳でもないけれど、何かを連想せずにはいられない。
何か居る?・・居るんじゃないかな?・・・居たらどうする?
そういう空間が家の中にも、外にも有ったのだ。


この本で、そんな子供の頃を思い出した方も多いのでは?



今、私が暮らす家。
私の家に限らず、最近の家は快適に暮らす工夫が随所になされ、
過ごしやすい。
だけど・・・それと引き換えに無くしてしまったものが多いことを
改めて痛感。


だからこそ、ゆっくりと、この世界に浸りたかったのかも・・・。


物語の流れは穏やかそのもので、起伏が少ないため、
好き嫌いが分かれるかもしれません。





今も、雨が降ると思い出すのは、
あのギシギシ木の軋む音。
夜、雨が降り出し、ギシギシ音が始まると、
当時枕を並べていた兄が必ずこう言った。
「ヤツが来た・・・!」
それを聞いて、震え上がったものです。
見たことも無い「ヤツ」の存在に。


果たして、兄は憶えているだろうか?
私を怖がらせるため言ったのか、
兄自身も、「ヤツ」の存在を信じて言ったのか?


全ては謎のまま・・・。





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2013-01-31 19:26 | 梶川塗装
神戸市長田区W様邸外壁・屋根塗装工事
長田区W様邸工事詳細です。


足場仮設ののち、
高圧洗浄
e0188555_1552817.jpg

e0188555_15524019.jpg




シーリング工事
既存シーリング撤去
e0188555_15542945.jpg

プライマー塗布
e0188555_155563.jpg

シーリング材充填
e0188555_155688.jpg

ヘラ押さえ
e0188555_1556496.jpg

シーリング完了
e0188555_15575310.jpg





下塗り
破風部分
e0188555_1625476.jpg





使用材料
今回はツートンカラーから、そのまま、ツートンカラーへの塗り替えです。
塗装前はグレー系、今回は茶系に。落ち着きと温かみのある良い色です。
e0188555_1643268.jpg





外壁塗装
下塗り
e0188555_1672376.jpg


中塗り
e0188555_163246.jpg


上塗り
e0188555_17117.jpg


ハチマキ部分
e0188555_175122.jpg


水切り
e0188555_17365354.jpg


シャッター塗装
e0188555_17374542.jpg




屋根塗装
遮熱タイプのサーモアイSiです。

下塗り
e0188555_17344948.jpg

中塗り
e0188555_17351011.jpg

上塗り
e0188555_17353593.jpg




足場解体前の掃除
足場がないと不便な部分の掃除
2階の窓や天窓
e0188555_17393081.jpg

ベランダ笠木
e0188555_17405210.jpg





足場解体後の掃除、取り外したフェンスの取り付け、
最終チェック時の気になる部分のタッチアップ等を済ませ
工事完成!!!
施工前
e0188555_17434810.jpg

                      
施工後
e0188555_17443640.jpg



現場を引き上げようとしていると、
年配の男性女性の御一行が・・・
「お、ココやココや!」

そのうちの一人の男性が
「エエ色合いや ピカピカやな」と、
先ほどタッチアップした部分に手を伸ばされたので、
「そこ、ペンキ塗りたてです」と思わず。

よくよくお話を聞くと・・・その男性は
W様のお父様!!!

ちゃっかり名刺を頂き、(裏面にはステキな言葉が)
帰途につきました。



「塗装を思い立ってから
何年越しかの計画が、ようやく終わってホッとしました」と奥様



年末の、それこそ年末になってしまい、すみませんでした。



お隣のSさま、
フェンスの撤去に伴う植木の移動等ご協力ありがとうございました。
昨年の工事で斜め裏手のSさま
近隣の皆様
どうもありがとうございました




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2013-01-22 18:03 | 外壁塗装
新年2冊目の本
皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?

私は「 読み正月 」にするつもりが、
「 干からび正月 」 に。

ハイ、体中の水分を出し切りました。
ノロウイルスではありませんでした。





お正月用にと買い貯めた本を、遅ればせながら読んでいます。
1冊目は梨木香歩さんの 「家守奇譚」
そして2冊目が本日紹介する、
黒野伸一さんの「万寿子さんの庭」
e0188555_13245461.jpg

内斜視のコンプレックスを持つ主人公、京子。
就職を機に、万寿子さんの隣の賃貸物件に引っ越してきます。

万寿子さんは独り暮らし。
京子は、毎朝庭いじりをしている隣の万寿子さんが気になり、
挨拶のタイミングを窺うのですが、見て見ぬふりを決め込まれ・・・。
ようやく勇気を振り絞って挨拶した京子に、
一度目は、「寄り目」。2度目は、「ブス」と返事をした万寿子さん。

モヤモヤした思いのまま、京子は、会社の飲み会で飲み過ぎ、
あろうことか、万寿子さんの家の前で嘔吐してしまうのです。
翌朝、京子のお詫びを快く受け容れてくれた万寿子さん・・・
と思いきや、京子の背中には張り紙が・・・。

「この人は昨晩、私の家の前で反吐を吐きました。
 その後始末をしたのは、この私です。   隣人より」

「寄り目!」  「ババア!」
  「ブス!」   「鬼婆!!!」罵り合いの喧嘩に。

しかし、これをきっかけに二人の間には友情が芽生え始めます。

夫に先立たれてから自分の殻に閉じこもっていた万寿子さん。
戦争で全てを失った悲しい過去も引きずっています。
一方の京子は、実家の家庭環境に複雑な事情を抱えていました。

万寿子さん78歳、京子20歳。
ともに時間を過ごすうちにお互いへの理解を深め、
50歳以上の年齢差を超越した絆が生まれます。

しかし、残酷にも万寿子さんの身体には変化が表れ始め・・・。

内斜視のコンプレックスをもつ京子の不器用な恋愛模様も
織り交ぜられながら話は進んでいきます。



・・・最初の部分だけなのですが、このようなお話です。





あまりの寒さに、お風呂で本を読んでいました。
「万寿子さんの庭」は、それこそ一気に読んでしまい、
ふと気付くと、身体も本もフヤケていました。


そもそも、どうしてこの本を手に取ったのか?
それは題名、「万寿子さんの庭」の、“万寿子さん” でした。
私にも忘れられない “ますこさん” が居るのです。
もっとも彼女は満寿子さんなのですが・・・。


満寿子さんは私が看護師をしていた頃、入院してこられた患者さん。
衝突もしましたし、お互いを受け容れるまでに時間はかかりましたが、
彼女との3か月間は今も忘れることができません。


今日で震災から丸18年。
震災が無ければ、私の配属先が変更になることも無く、
満寿子さんと会うことも、
この本を手に取ることも無かったはずです。
読んでいると、万寿子さんの頑なな部分や、乙女のような
ピュアな部分が、私の心の中の満寿子さんに重なり、
時間を忘れて読み進めていました。


1月17日
様々な思いが胸にこみ上げる日。





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2013-01-17 15:33 | 梶川塗装
神戸市西区Y様邸外壁・屋根塗装工事
最新の仕事ぶり~からの続きです。

足場仮設ののち、
高圧洗浄
e0188555_18321038.jpg



シーリング工事
撤去済みのシーリングと使用材料
e0188555_18363436.jpg


シーリング材充填
e0188555_18373774.jpg


養生テープ外し
e0188555_18381198.jpg




下塗り
ベランダ笠木
e0188555_18391083.jpg

ハチマキ部分
e0188555_18394344.jpg

破風
e0188555_184084.jpg





使用材料
外壁(1階部分)のもの
「つや有り」と記されたものが下塗り、「3分つや有り」と記されたものが上塗り
e0188555_18453516.jpg


2階部分については、
下塗り・・・パーフェクトフィラー
中・上塗り・・・水性シリコンセラUV

屋根に関しては
サーモアイSi

いずれも日本ペイントです。



雨戸塗装
e0188555_1852251.jpg




外壁塗装
2階部分から
下塗り
e0188555_18554316.jpg

中塗り
e0188555_1856714.jpg

上塗り
e0188555_18564122.jpg



続いて、1階部分(クリヤー塗装)
下処理
釘頭の処理
e0188555_1857592.jpg

建物と付帯部分との散り際の処理
前に住まわれていた方のDIYペンキの散りを処理しています
e0188555_18594218.jpg


下塗り(つや有り)
下塗りは、上塗りの種類を問わず、「つや有り」になります。
e0188555_1914573.jpg


e0188555_1941715.jpg


上塗り(3分つや有り)
上塗りは「つや有り」と、「3分つや有り」の2種類
Yさまは、「3分つや有り」を選択なさいました。
e0188555_1963433.jpg


e0188555_1965665.jpg


下塗りの場合は分かり易いのですが、上塗りの時には、
塗りおえた部分と、まだ塗り終えていない部分との区別がつきにくく、
細心の注意が必要です。




屋根塗装
遮熱塗料のサーモアイSiです。

下塗り
e0188555_1913831.jpg

中塗り
e0188555_19133180.jpg

上塗り
e0188555_19135524.jpg

縁切り
e0188555_19142319.jpg




付帯物塗装

e0188555_19154161.jpg

破風
e0188555_19155521.jpg

笠木
e0188555_19162284.jpg

出窓庇
e0188555_19165380.jpg


e0188555_19171556.jpg




仕上げ
クーラー配管カバーまき直し
e0188555_19182336.jpg

窓ふき
e0188555_19184140.jpg




以上のような工程を経て
工事完了!!!
施工前
e0188555_19245212.jpg

                       
施工後
e0188555_19294567.jpg



建物南側
施工前
e0188555_19254852.jpg

                      
施工後
e0188555_19262512.jpg




足場解体後の掃除にお伺いすると、奥様がでてこられ・・・
午後からお伺いしたのですが、
「お昼食べた?」お昼ご飯の心配をしてくださり、一緒に掃除をしながらあれこれ。
最後には奥様の地元で造られた美味しいお醤油をいただきました。
e0188555_19332855.jpg




Yさま、どうもありがとうございました。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2013-01-15 19:38 | 外壁塗装
神戸市東灘区Y様邸外壁・屋根塗装工事
東灘区Y様邸工事詳細です。



足場仮設ののち、
高圧洗浄
e0188555_165084.jpg



シーリング工事
e0188555_16513956.jpg



使用材料一式
e0188555_1652584.jpg



現況は薄いグレー系一色のY様邸。
今回はツートンカラーにしてみることに!


「温かみのある茶系も気になるけれど、やっぱりグレー系が好き」とYさま。
何パターンか、塗り板を作成ののち、この2色に決まりました。
hana702(1階)、hana701(2階)です。
e0188555_1743521.jpg



イメージとしてはこのような感じになります
e0188555_1763073.jpg




外壁塗装
下塗り(1階、2階共通)
e0188555_1793988.jpg



中塗り
1階部分
e0188555_17102668.jpg

2階部分
e0188555_17115511.jpg



上塗り
1階部分
e0188555_17202219.jpg

2階部分
e0188555_1720465.jpg



順番が前後しますが
雨戸塗装(吹き付け)
e0188555_17215285.jpg




屋根塗装
セメント瓦用の塗料を使用します。


まず、刷毛で細かい部分を
e0188555_1726233.jpg

釘頭の飛び出ている部分を補修しながら
e0188555_1728217.jpg

刷毛終了後全景
e0188555_17263178.jpg



大きな面はローラーで
1回目
e0188555_17284730.jpg

2回目
e0188555_17293447.jpg



屋根完了
e0188555_17301140.jpg




仕上げに窓や、笠木を拭いて
e0188555_1731280.jpg

e0188555_17311179.jpg





工事完了!!!
正面施工前
e0188555_17315552.jpg

                    
正面施工後
奥に見えているのは先に工事を済まされたH様邸(9月施工)
e0188555_17323780.jpg




裏手施工前
e0188555_17332857.jpg

                    
裏手施工後
e0188555_1734553.jpg




寒々しいかしら・・・と気になさっていたYさま。
確かに青味の入ったグレーなのですが、
シックな色合いです。



こういう色合い、私も好きです。



バリバリお仕事をこなされていて、いつもお忙しそうなのに、
柔らかで可愛らしい雰囲気のYさま。
(年下の私が言うのは失礼かもしれませんが・・・)
私も、そうなりたいなぁ・・・バリバリ仕事もしていないけど・・・。
打ち合わせ後の帰社車中、思うのはいつもそんなこと。

Yさま、ありがとうございました!

そして、お隣のHさま、駐車スペースを提供してくださり、
本当に助かりました。ありがとうございました。





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2013-01-09 17:56 | 外壁塗装
本日より新年の営業を開始いたしました
新年あけましておめでとうございます
本年も何卒よろしくお願い申し上げます


昨年は、たくさんのお客様からお問い合わせ、ご縁を賜り、
スタッフ一同、心より、感謝申し上げます。
本年もなお一層、精進致します所存でございます。
ご指導、ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。




梶川塗装、本年の年賀状
半分半分の2パターン作成しました。

パターン①
e0188555_18111822.jpg


パターン②
e0188555_18114755.jpg


皆さまのお手元にはどちらが届いたでしょうか?


昨年1年の間に新規のお客様も増え、本年は770枚。
添え書き、楽しみながら・・・
時に文章力のなさに悶えながら・・・ポツポツと。



届いた年賀状を見せていただくのは至福のひととき。



が・・・今年の年賀状、業界関係者からのものは
全体的にナンダカお疲れ気味。



それもそうです。
昨年10月~12月、建設業界は大忙しで皆バタバタしてました。
弊社も例にもれず・・・年末工事のお客様にはギリギリまで、ご迷惑をおかけしました。


年内をメドに工事にかかってみたものの、間に合わなかったのか、
足場が解体されないまま、年越しをした現場も多く見かけました。



お正月休みを経て、心機一転、元気に頑張っていきたいです。
業界全体が元気でないと・・・ハイ、こういう時だからこそ!!!



そして、もうすぐ
えべっさん
準備が急ピッチで進められていました。
外回りついでに車内から撮影。
e0188555_18355395.jpg



企業努力も大切ですが、やっぱりカミサマの力もお借りして・・・



さぁ、今年も
 頑張りましょう!!!





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2013-01-07 18:50 | 梶川塗装