<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
神戸市西区井吹台O様邸、屋根遮熱・外壁塗装報告
事務所向かいにすむKさんの育てるサボテンの花が
ピークを迎えている。

気付いたのは夜。
朝になるときっと萎れてる・・・。

夜だけどパチリ
e0188555_23175373.jpg

こっちにも
e0188555_23192915.jpg


いつも器用にお箸を使って植え替えをなさっている、
愛情をたっぷりとうけて、ただいま満開。
次々と蕾がついており、まだまだ咲きそうな予感・・。











神戸市西区井吹台 
 O様邸屋根遮熱、外壁塗装工事完了報告


お問い合わせを受け、さっそくお伺い。

チョーキングもみられ
e0188555_23433496.jpg


屋根もかなり傷んでいる様子
e0188555_2345097.jpg


定期点検での
ハウスメーカーさんの補修痕がブリードしています。
e0188555_2348643.jpg


ベランダには苔が
e0188555_23463425.jpg



というわけで、今回の使用材料
e0188555_2350183.jpg

左端のものは、カビ洗浄剤。右の二つは屋根の材料。
最近、遮熱塗料のお問い合わせが増えています。
屋根に使用するのは、サーモアイシリーズの遮熱塗料。



工事開始!

足場仮設
e0188555_015346.jpg


空調のパイプカバーを取り外し
e0188555_034144.jpg



高圧洗浄
外壁
洗浄前後で色が違っているのが分かります。
水色の線をはさんで、左側が洗浄済みの部分、
右側が未洗浄の部分
e0188555_08167.jpg


屋根
傷んで脆弱な部分が次々と取れていきます。
e0188555_0103957.jpg



シーリング打ちかえ
e0188555_0115016.jpg


割れているタイル部分も補修
間違って踏んでしまわないように、O様に置物をお借りしました。
何ともカワイイ豚さんです。
e0188555_0133737.jpg




外壁塗装
使用材料
サイディング壁にオススメしている
パーフェクトサーフ、
  シリコンセラUV
 の組み合わせ
e0188555_016828.jpg




下塗り(パーフェクトサーフ)
e0188555_023711.jpg


中塗り(シリコンセラUV)
e0188555_0243232.jpg


上塗り(シリコンセラUV)
e0188555_025784.jpg




屋根、遮熱塗料塗装
サーモアイシリーズ(日本ペイント)
下塗りにも反射技術を使用し、塗膜トータルで赤外線反射性能を向上させ、、
遮熱効果を発揮しようというもの。

下塗り(サーモアイ・シーラー)
シーラーは、反射率の高い白い色です。黒だと熱を吸収してしまうのです。
e0188555_033616.jpg


中塗り
e0188555_0361372.jpg


上塗り
e0188555_0374534.jpg


縁切り
屋根材同士の隙間をしっかり造ることで、
湿気の逃げ場をつくります。
e0188555_0394319.jpg



屋根完了
e0188555_0411760.jpg




付帯物塗装
樋や
e0188555_0425099.jpg

雨戸
e0188555_0441146.jpg

門扉
e0188555_0451263.jpg




こうして、
工事完了!!!

施工前
e0188555_19305798.jpg


施工後
e0188555_1931279.jpg



Oさま、どうもありがとうございました。
お借りした置物、あまりの可愛さに
スタッフが一緒に記念写真を撮ってました(笑)







兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-29 00:49 | 外壁塗装
大人の社会科見学 ドイツからのコンテナ搬入 ②
検品済の荷物は、いよいよ定温倉庫へ搬入、保管されます。
この建物全体が定温倉庫で、立体駐車場のような造りになっています。
奥に見えるのは1番の入り口。
全部で6番まで入り口があります。
e0188555_0411526.jpg



どの荷物が何番の入り口のどの部分に入るかは
コントロールセンターのようなところで管理されていました。
この機械は荷物の行先を指示するためのもの。
e0188555_0461359.jpg

どの品番のものがどこに保管されたか全て記憶されます。



ひととおり作業が終わった後、機械の操作をなさっていた方が
わざわざ手を止めて定温倉庫内部を案内してくださいました。
奥の赤丸部分は、コンピューター制御で荷物を指定場所に収納する機械。
普段は縦横無尽に動き回っています。今はこの機械も止めていただいています。
e0188555_0572034.jpg

真上を見上げるくらいの高さまでギッシリ。
高さは10段、この倉庫全部で約4000ものパレットが収納されています。
これだけの大荷物・・・。それでも阪神大震災ではビクともしなかったそう。




空になったコンテナ内では
作業員さんがコンテナの清掃。笑顔が素敵!
e0188555_11234.jpg



神戸で荷揚げをせずに、
わざわざ大阪の山忠さんを選ばれた理由が納得できました。



所長さんをはじめ、事務の方、実際に荷物を運搬される方、
皆が手を止めてあちこち案内、説明をしてくださいました。
作業されている方も皆が和やかに働いておられ、
さわやかに挨拶してくださいました。


そして、何より、
ひとつひとつの荷物を大事に扱われている姿が印象的でした。


私たちの知らない流通過程。
荒っぽい所では土足で段ボール箱の上にあがったり、
面倒臭そうに舌打ちをしながら
放り投げるように荷運びをするところもあるとのこと。






ドイツの醸造家さんが心を込めて作り上げたワイン。
この時点を仮に100点として、
流通過程での扱われ方によっては、どのように変わるのかな?


きっと、山忠さんのように和やかな空気のなか、
ひとつひとつ大切にに心を込めて扱われたものは150点!それ以上にもなるし、
逆に面倒だ!と乱雑に扱われたものは30点、それ以下になってしまうのでは・・・。


今日、見学させて頂いて、私にはそのように思えました。


出発前、ローテローゼさん(ドイツ商事さん)の社長さんと
お話をする機会がありました。
話の中で、「「誠実」という言葉を何より大切にしている」とおっしゃられました。


目に見えない流通部分までワインの品質管理のために
手間やコストをかけておられること、今日まで知りませんでした。
見えない「誠実」に守られたワインを頂いていたんだな・・・。
見学を終えて、ふと、社長さんの言葉がよみがえりました。


明日(もう今日・・・)からワインが更においしくなりそうです。


そして、スーパで陳列されている商品を見たらきっと考えるだろう。
「 これは大切に扱われてきた物?
     雑に扱われてきた物? 」

今までは思いもしなかったこと。


見た目はきっと整えられていて分からない。
商品の声なき声に耳を傾けてみようかな。




お世話になりました
(株)山忠運輸  所長さま、大阪の3人娘さま、作業をされていた皆さま
(株)ドイツ商事 社長さま、Mさま
   



ありがとう
    ございました








兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-25 01:59 | 神戸
大人の社会科見学 ドイツからのコンテナ搬入 ①
先日のブログでもチラっと触れましたが、
ローテローゼ・Mさまにお願いして、
ドイツからのコンテナ搬入に立ち会わせていただきました。


「しかし、不思議なこと知りたがるなぁ
  女の人は普通そんなことに興味を持たないよ・・」と珍しがられ・・。


特に意識したことはありませんが、私は知りたがり屋?
そう言われればそうかも!?


お伺いしたのは大阪府摂津市にある(株)山忠運輸さん。
震災後から山忠さんにお願いしているとのこと。
それまでは神戸に荷揚げしていたそう。


コンテナ到着。
船便でドイツから届いたコンテナが
トレーラーに載せられて運ばれてきました。
e0188555_2311975.jpg



コンテナには封印がされ(緑色矢印)
e0188555_23125014.jpg



封印には番号が振られています。
この封印番号を、所長さんが確認ののち
e0188555_23162158.jpg



開封!封印を解きます
e0188555_23174193.jpg



コンテナの内部
今回運ばれてきたのは、820ケース(9840本)
白い斜線部分の空間は何のためかというと
e0188555_2319098.jpg

このコンテナはReefer(リーファー)コンテナと呼ばれるもの。
どんな状況でも常にコンテナ内部が同じ温度を保てるように
コンテナ本体にエアコン?がついているのです。
この空間は、冷気が効率よく下へと伝わるように、敢えて空けてあるのです。



エアコン?の室外機。今回は15℃に設定されていました。
e0188555_23263227.jpg

運賃は通常よりも割高になりますが、
ワインの品質をよりよく保持するため!とのこと。



コンテナから荷物の積み出しをしようとすると・・・
あれ???あ、穴が
e0188555_23384396.jpg



え゛中身が抜かれてる!!!
e0188555_2342271.jpg

おそらくドイツでコンテナ封印前に何者かによって持ち去られた様子。
時々こんなことがあるそうです。



私の中でのドイツのイメージに微妙にヒビが入った瞬間でもありました。
どこの国にもこんなことをする人がいるんだなぁ。



パレットへの積み込みは手作業
箱に書かれた品番ごとにパレットへ載せていきます。
e0188555_23565176.jpg




運び出された品物の検品作業に入ります。
Mさんも、山忠さんもそれぞれが品物をチェックしています。
Mさんは品質や荷姿について、
山忠さんは運搬するにあたって必要な情報をチェック。
e0188555_033315.jpg



私もMさんのお手伝い
Mさんの持つ発注時のリストに沿って
実際届いたものと照合していきます。

ラベルを見て行います。
今回入ってきたものではなく、自宅にあるワインのものですが・・。
上から
黄色い四角・・製造年   緑四角・・・品名
水色四角・・・商品番号   赤四角・・・容量
緑四角・・・アルコールの濃度
e0188555_1751292.jpg



そのほかに、ワインの変色、変質はないか、
極度に量が多かったり少なかったりするものはないか
ラベルが汚れていたり、ヨレたりしていないか



検品の済んだ荷物はいよいよ定温倉庫へと搬入・保管されていきます。
続きは後編で






兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-25 00:32 | 神戸
神戸市西区狩場台S様邸 外壁・屋根塗装報告
先々週の土曜日午後のこと。

事務所で仕事をしていると、

ガリガリ
  バリバリ
     ゴリゴリ

どこからか、物凄い物音が・・・。


ネズミ・・・?


それにしては物音が大きすぎる。


しかも、こんな時に限って独り・・・。


物音は時間とともに激しさを増し
「誰かが意図して家を壊そうとしているのでは?」と
思わず恐怖を感じてしまうほどでした。


そして、翌日。
物音の正体発見!!!
それはイタチ
e0188555_239051.jpg


しかも家族
e0188555_23113923.jpg



そして、人懐っこい
カメラを向けていると
「何かチョーダイ」と言わんばかりに寄ってくる。



隣の幼稚園の物置下に住んでいる模様。
ウチへは、床下の隙間から潜り込んだようでした。
それにしてもイタチどの、怖かったんですよ・・・。








西区狩場台S様邸塗装工事、
今回は外壁塗装~完了までです。

高圧洗浄
e0188555_23291920.jpg



雨戸の塗装を先に済ませます
e0188555_23384123.jpg



今回の使用塗料は
前回紹介しました、パーフェクトサーフ、そして、シリコンセラUV
両端のものがそうです。
e0188555_23314567.jpg



庭のバラにはカバーをかけ
e0188555_23414548.jpg



先に済ませた雨戸を養生ののち
e0188555_23431974.jpg



下塗り(パーフェクトサーフ)
オレンジの線を挟んで、左側が下塗り完了部分。
右側は下地のままの部分
e0188555_072913.jpg



中塗り(シリコンセラUV)
e0188555_09557.jpg



上塗り(シリコンセラUV)
e0188555_010216.jpg



庇や
e0188555_0105811.jpg


e0188555_0112210.jpg

塀などを塗って
e0188555_0115373.jpg




工事完了
施工前(正面)
e0188555_0124085.jpg

施工後(正面)
e0188555_01443.jpg



施工前(東面)
e0188555_014507.jpg

施工後(東面)
e0188555_0154938.jpg



今回S様邸の工事を取り仕切ったのは
井上 周一でした。
e0188555_0191230.jpg



最終日、清掃のためS様邸へ。
行くと、すっかり井上とS様との世界。

S様「おーい、アレは、あそこに置いたかな?」

アレ???  あそこ???
と、思う間もなく

井上「あれはココにおきましたよ」

S様「あぁ、それでええねん」


そこは、こそあど言葉の世界。
隠語のようですが、二人にはそれで十分通用するようです。
すっかり息の合ったコンビなのでした。


S様、ありがとうございました。


最近、娘さんや息子さんがご実家の状況を心配して
問い合わせをしてこられることが増えてきています。


先日の垂水区I様邸もそうでしたが、
家族の絆について思うところの多い、
ここ最近です。





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-23 00:19 | 外壁塗装
神戸市西区狩場台S様邸 外壁・屋根塗装報告
京阪神の話題という点では先日紹介した
meets Regional と似ているのですが、

女の子版とでも言いましょうか。


それが、SAVVY(サヴィ)
お姉さん版のRicher(リシェ)とともに好評発売中です。



SAVVY7月号
e0188555_22465149.jpg

どうして手に取ったかというと
大好きな雑貨屋さん、
VIVOVAさんが最近出店した路面店が表紙だったから。


それまでは路地裏にある雑居ビルの2階、3階にあり、
何度行っても道に迷っていたので(笑)



何気に中身を見ていると
昨年塗装工事でお世話になった
清和ビルさん発見!!!しかもイラスト入り!
e0188555_22532810.jpg



何故こんなに喜んでいるのかというと・・・


このビルの配色は私が提案したものだから。
ブリティッシュグリーンは私が大好きな色


他にも何パターンか提案したのですが、この配色を選択されました。
e0188555_22555258.jpg



散歩は大好き。
なかでも、栄町通や海岸通に乙仲通、あの辺りは別格。
ウロウロするのは至福のひととき。
その次がトアウエストでしょうか・・・。



清和ビルさんの工事報告はこちら
http://kajikawa.exblog.jp/12283906/
http://kajikawa.exblog.jp/12344404/
http://kajikawa.exblog.jp/12573236/







それでは本題、
西区狩場台S様邸 
   外壁・屋根塗装工事完了報告



ネットでお問い合わせくださったのは、
離れて暮らされているS様の娘さん夫婦でした。


お伺いしてみると
外壁、雨戸等は年数相応の劣化、むしろ綺麗なくらいでした。
e0188555_23263560.jpg


問題は屋根
モニエル瓦です。
e0188555_23275145.jpg


あと、薔薇を丹精なさっていたので、
工事時にどうしようか・・・と。
e0188555_23295427.jpg



お見積り等をS様宅へ持参、娘様宅へはお送りし、
検討して頂きました。


そんな過程を経て
工事開始!

足場仮設
皆で庭の鉢の移動等を事前に行いました。
e0188555_23341246.jpg



今回は屋根塗装についてお話ししていきます。
劣化が激しい屋根瓦。
e0188555_2343413.jpg


この劣化部分を徹底的に取り除く必要があります

まずは、高圧洗浄で
e0188555_23445439.jpg


取りきれなかった部分を
ワイヤブラシや、工具で取り除きます
e0188555_23465057.jpg


その後、また洗浄
e0188555_074896.jpg


そして手作業
e0188555_2349235.jpg


取り除かれた劣化部分。大量にあります。
庭に飛び散るので、落下しないようにしています。
e0188555_23524684.jpg


作業途中の屋根
手前が工程の進んでいる部分、奥が少し遅れている部分。
e0188555_23533321.jpg


この後も洗って、こすってを繰り返し・・・


ほぼ下処理の作業が完了したころ
e0188555_23582946.jpg





塗装に入ります。
使用材料
真ん中のものが、屋根用の塗料です。
マイティーシリコンという名前です。
e0188555_021872.jpg



この塗料を吹き付けていきます。
1回目
e0188555_0105790.jpg


2回目
まだ、下の瓦本体の色が何気なく分かりますね。
劣化が激しいほど、吸い込み といって、
塗料が瓦に吸い込まれてしまうのです。
e0188555_0112592.jpg


塗料が屋根の保護機能を発揮するためには、
塗膜をしっかりつけていかなくてはならないのです。

3回目
e0188555_0152523.jpg


4回目
e0188555_0191691.jpg


屋根完成!
e0188555_0254914.jpg





工事が始まり前半は、ほぼ屋根の上での作業。
「 屋根から落ちていないか? 大丈夫か? 」と、
スタッフを心配して声をかけて下さる、心優しいS様なのでした。



外壁部分は後日。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-17 23:54 | 外壁塗装
明石市 I様邸 屋上防水工事完了報告
冒頭の御挨拶コーナー。
ホントは先日亡くなった
児玉清さんと、本について・・・のハズなんですが、
内容が多そうなので、後日にします。



今回は梅雨時、特にお問い合わせの多い防水工事について書きます。




さて、
明石市I様邸屋上防水工事。

雨漏りがするとのことでお電話いただきました。
お伺いすると・・・確かに雨漏りです。
e0188555_1936552.jpg



屋上を見せていただきました。
● 現況はアスファルト防水。
e0188555_19435197.jpg

ちょくちょくI様ご自身がホームセンターの材料で
補修をなさっていたとのこと。

● 立ち上がり部分
所々剥落してしまい、ルーフィングが見えています。
e0188555_19453417.jpg


● 笠木ヒビ
e0188555_19465198.jpg

● 笠木膨れ
e0188555_1947106.jpg

どこから雨水が侵入しても不思議ではありません。





下地補修
邪魔になるような配管等を取り外し
e0188555_19504770.jpg


立ち上がり部分、ひび割れ修理ののち、
モルタルをのせていきます
e0188555_20312795.jpg


所々に水たまりができてしまっていました。
微妙な高低差をなくすため、モルタルで調整します。
e0188555_19544055.jpg


屋上全景。丸く残してあるのは脱気筒設置箇所。
e0188555_19563060.jpg




脱気筒とは・・・
躯体内の湿気等を逃すためのもの。
ビス止めの穴を開けています。
e0188555_19585366.jpg


脱気筒設置
e0188555_2065550.jpg





そして、意外と盲点なのがドレンまわり
排水口とドレンとの継ぎ目部分に問題があることも多々あります。


改修ドレン
ホースを排水口の中に差し入れ、
鉛の板を叩いて下地に合うよう調整します。
e0188555_20234061.jpg



改修ドレン差し込み完了
鉛板周りのシーリングも念入りに行います。
e0188555_2026627.jpg





いよいよ防水に入っていきます。
今回施工するのは
ウレタン塗膜防水X-2工法です。


どのようなものかといいますと・・・
e0188555_20413814.jpg

これは東洋ゴムさんの、ソフランシールという商品のカタログです。
大まかにいうと、ウレタン防水材で補強用クロスを挟み込む・・というもの。
全部で6層構造。


立ち上がり部分、平場とも共通です。


プライマーを塗った後に
ウレタン防水材を塗り、上からクロスを貼っていきます。
更に上から防水材を重ねているところ
e0188555_20493168.jpg

仕様書通りに平米当たりの重量をきちんと載せていきます。


平場も同じように
e0188555_20574198.jpg



防水材を塗り終えたところ。
e0188555_2125640.jpg



工事完了!
仕上げのトップコート
e0188555_2145321.jpg





Iさま、どうもありがとうございました。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-12 21:25 | 防水工事
こんなこともしています  グレーチング工事編
先日本屋さんで、こんな雑誌を見つけました。

いつも独特な楽しい記事満載で私も大好き!
Meets Regional
今回もやってくれましたね


題して、
本屋の逆襲!
e0188555_14334636.jpg

迷わず手に取りました。

こんなに本屋さんが脚光を浴びたことがあったかな?
丸々1冊、本屋さん特集なんて贅沢ですよね~。
ウレシイです。







さて、
こんなこともしています企画

第3弾の今回は、グレーチング工事についてお話ししましょう。


インターネットからお問い合わせいただきました。
お見積もりののち・・・


工事開始!

現況は木材ブロックが側溝にはめ込まれています。
古くなり、脆くなってしまったため、
今回新しく、グレーチングを入れることになりました。
工事前にT様に、管轄の部署へ確認を取っていただきました。
e0188555_145118100.jpg



まずは、古い木材ブロックを撤去していきます。
e0188555_14552180.jpg

端から順に・・・。あとちょっと!
e0188555_15465412.jpg



木材ブロックを撤去したのち、
溝の中を清掃します。



ところで・・・
Q:質問です。
  コレは何でしょう?
e0188555_145929.jpg

A:グレーチング用のパッキン。
グレーチングの上を車で通過するとき、
「ガシャン、ガシャーン」と音がしたこと、ありませんか?


このパッキンをグレーチング本体に装着すると、
e0188555_1543219.jpg

通過時のガシャガシャ音がしなくなります。





そして、グレーチング最大の問題点・・・。
最近増えているのが、
グレーチングの盗難 なんです。
e0188555_1516432.jpg

対策としては、
・土台に直に固定する。
・グレーチング同士を連結し、
   (物理的に)持って行きにくくする。
・市章などを入れることで、(心理的に)
     持って行きづらい状況にする。

          ・・・なんだか、水戸黄門の印籠みたい・・・


いずれも、メーカーオプション、もしくはオーダーになります。




スミマセン。話が横道にそれました。




工事完了!
施工前
e0188555_15471625.jpg

施工後
e0188555_15354878.jpg




最後に、
Tさま、どうもありがとうございました。






兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-11 14:29 | その他の工事
神戸市北区O様邸 外壁・屋根塗装、内部クロス工事
先日、甲子園で、対オリックス戦 を観戦してきました。

久々の甲子園。
がんばろう!日本の旗が心強いですね。
e0188555_237692.jpg



早めに行って練習から見ました。
野球小僧の息子は大喜び  ヽ(^。^)ノ
e0188555_2392634.jpg



試合の方はと言うと・・・
e0188555_23234663.jpg

ん…不完全燃焼です。
何だろう、勝ちへの執念が伝わって来ないといいますか、
「どうせ負けているんだから、何点取られても同じ・・・」
そんな空気を感じて仕方がなかったのです。    


皆の望みを託した、ジェット風船
e0188555_23215164.jpg



結果は大敗。がっかりです。
ダメ虎返上、期待してます。








北区O様邸外壁・屋根塗装
     そして、内部クロス工事報告。


全体に経年劣化が進んでいたんですが、、
サイディングの釘頭部分の劣化が特に気になりました。

釘頭をコーキングで処理されていたのですが、
コーキングがブリードしてしまい、
その結果、劣化して剥き出しになり、飛び出してしまっています。(青い〇)
縦目地のコーキングもブリードもみられます(黄色部分)。
e0188555_003193.jpg


屋根も傷んでます
e0188555_2341138.jpg


破風のチョーキング
e0188555_2342371.jpg


ツヤの無くなってしまった雨戸
e0188555_23434031.jpg



工事開始!
今回は何点かポイントを押さえて話を進めます。

下地処理
サイディングの釘頭、しっかりと打ちこんだうえ、
ブリードオフで処理。(緑のマル部分)
e0188555_01295.jpg

ほかの部分も(ピンクのマル部分)
e0188555_055159.jpg





使用材料
昨年秋ごろ発売された、パーフェクトサーフ(真ん中のもの)
e0188555_015424.jpg

1、抜群のくいつき(密着が良い)
2、きめの細かい下地で
     仕上がりのツヤがキレイ
3、しっかりとした隠ぺい性
  (濃い色から薄い色への
    塗り替え時などに効果を発揮)


なんだか、ファンデーションのCMみたいですね。

梶川塗装でもパーフェクトサーフ、オススメしています。






内部、クロス工事
工事に入って、O様から相談を受けました。

1階玄関、階段周辺のクロスにカビが生えています。
e0188555_0193421.jpg

e0188555_020142.jpg



重要なのは、下地のボードまでカビに侵されているかどうか!


クロスを剥がしていきます。
真っ白な部分が下地。カビはクロスだけだったようです。
e0188555_0212023.jpg



壁に穴が開いてしまっていた部分の補修。
壁の下からのぞいているのは断熱材。
e0188555_02475.jpg



シーラー塗り
ここにも防カビ成分が含まれています
e0188555_0253096.jpg



接着剤を塗ったのち
e0188555_0261736.jpg



防カビクロスを貼っていきます
e0188555_0271129.jpg



仕上げに新しいクロスの上から
専用の防カビ剤を塗ります。
シーラー、クロス、トップコートの防カビ3段構えです。
e0188555_0293933.jpg





そんなこんなで、
工事完了!

施工前
e0188555_0324427.jpg


施工中
e0188555_0334443.jpg


施工後
e0188555_0344174.jpg




O様、どうもありがとうございました。
工事期間中、
車の移動にご協力頂き、どうもありがとうございました。







兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-10 00:34 | その他の工事
神戸市西区玉津町 Y様邸外壁塗装工事報告②
先日、本屋さんへ行くと、
ん?ガリガリ君?
e0188555_23283888.jpg

これは パズル なんです。
人気者のガリガリ君。
確か、ポケットモンスターともコラボしてたような・・・。




さて、神戸市西区Y様邸塗装工事完了報告、
今回は、外壁塗装、屋根塗装、ベランダ防水~完成までをお話ししようと思います。

外壁塗装

ひび割れの補修と、ブリードオフ塗り
e0188555_23345646.jpg


先に塗装を済ませた鉄部を養生ののち、
e0188555_23361561.jpg


下塗り
e0188555_23371036.jpg


中塗り
e0188555_23385048.jpg


上塗り
e0188555_2340671.jpg




屋根塗装
今回の使用塗料は
オリエンタル塗料の、マイティーシリコン
e0188555_2342013.jpg


高圧洗浄で十分に汚れを取り除いたのち、
鉄部錆止め
e0188555_2342516.jpg


マイティーシリコンを塗っていきます。

1回目
e0188555_2348115.jpg


塗膜がきちんと形成されるまで重ね塗りをします
2回目
e0188555_2349528.jpg


3回目
e0188555_23492951.jpg


そして、完了
e0188555_23505350.jpg





ベランダ塗膜防水
土間のひび割れ補修
e0188555_23521193.jpg


プライマー塗り
e0188555_23525242.jpg


防水層を作っていきます
e0188555_23541729.jpg


ベランダ防水完了
e0188555_23545112.jpg





鉄部塗装
ケレン
e0188555_043839.jpg


錆止め
e0188555_05972.jpg


鉄部完了
e0188555_055391.jpg






工事完了!
施工前
e0188555_0105037.jpg

工事完了後
e0188555_0123244.jpg




今回の工事担当スタッフ、

川上良夫
今回は撮影に専念した模様。
本人の写真がありません・・・。

種村 賢一
e0188555_0145528.jpg


河本 健人
e0188555_0154022.jpg




Y様、どうもありがとうございました。
壁に誘引されていたバラ、
工事にあたって、壁から外さなくてはならず、
宙ぶらりんの状況が長く続いてしまいました。

ガーデナーで、絵本作家の
ターシャテューダー(故人)さんの言うには、
今の季節は、「輝きの季節」

その言葉通り、
最後にお伺いした時には、花が満開。
今にも花の大合唱が聞こえてきそうでした。

外壁も明るくなって、本当に何もかもが輝きに溢れていました。






兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-07 00:29 | 外壁塗装
ブラスポルテーニョさんの定期演奏会
6月4日(土)、
ブラスポルテーニョさん の、
定期演奏会へ行ってきました。
e0188555_21123183.jpg



昨年の定期演奏会も楽しかったのですが、
今年は更にパワーアップ!!!
な、なんと
梅花女子大学チアリーディング部
RAIDERS(レイダース)登場!!!
e0188555_21384894.jpg

「おおーっ」前列のオジサマ方が色めき立っておられます。
私と息子は 違った意味での 「おおーっ」 を連発。
若いって素晴らしい!!!


恒例の「ブラポルと一緒」では大勢の方が舞台上に
e0188555_21463611.jpg

ギリギリまで心境の変化を期待したのですが、
息子、「 小さい子ばかりだから恥ずかしい 」と。

「 背伸びがしたいお年頃 」のようです。


話題性たっぷりの今回の演奏会でしたが、
印象に残ったのはやっぱり、演奏そのものでした。

やっぱり大人!
演奏の迫力はもちろんのこと、
私が心を奪われたのはしっとりした部分。


中学の頃、顧問の先生に、
「心の襞(ひだ)を表現しなさい」
再三にわたって言われていました。

言葉を尽くして「心の襞」とは何たるかを説明してくれるのですが、
中学生の私たちに、そんなことが心底理解できる筈もなく、
ましてや、表現などできる筈もありません。


言いたいことは何となく分かったんだけど・・・。


やっぱり、どこまでも直球勝負だったように思います。


あれから、約20年。
「 心の襞 」の理解を通り越して、すっかり忘れかけてる今日この頃。
「襞」も埋もれて「皺」になってしまってるヮ・・・。


そんな昔のことを思い出しながらも、
久しぶりに何とも言えない、あんな気持ち 思い出しました。



ブラスポルテーニョの皆様、
そして、チケットを手配してくださった、
ローテローゼ・Mさま、
どうもありがとうございました。


来年もまた、楽しみにしています。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-06-06 23:19 | 神戸