<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
明石市M様邸塗装工事完了報告 後編
あったかい日が続きますね。
このまま春まっしぐらだといいのに、来週には
寒の戻りがあるようですね(>_<)


昨日、神戸商工会議所の講演会が楠公会館で開催されました。
e0188555_1553552.jpg


この日お話しして下さるのは・・・。
カンブリア宮殿などで御存じの方も多いかと思います。


株式会社COCO壱番屋 
創業者特別顧問  宗次 徳二氏
です。
e0188555_15551591.jpg

カレー屋さんということで、この日も黄色のネクタイ、名刺も黄色とのこと、
自身で設立された宗次ホール前の沿道の花も
四季ごとに黄色でコーディネートしているのだそうです。


経営者はよそ見をせず、
経営に身をささげるべき。

氏は2002年の引退まで毎日15時間半働いたそう。

ちなみに経営者がしなくてはならない3つのリストラ
   ・友人のリストラ(友人は友人でも、憂人や、遊人はいませんか?)
   ・趣味のリストラ
   ・時間のリストラ


経営者は「夢」ではなく「目標」をもて。
   ・得てして夢は自己陶酔や大言壮語に陥りがち。1年くらいのスパンで、
    頑張ればギリギリ達成できるくらいの目標をたてる。


いい言葉がいっぱいです。
ちなみに、氏の語録集や日めくりカレンダーなども販売されているとのこと。



私の心に一番響いたのは、
「お客様と真正面に向き合ってさえいれば、
経営方針が ぶれる ことも無いでしょう」
         
                       というような事をおっしゃったその言葉でした。



宗次様、貴重なお話、有難うございました。








明石市M様邸塗装工事完了報告。
前回は(ずいぶん日が開いてしまいましたが・・・)
色決めまでお話ししていました。


今回は、塗装からですね。


M様邸の外装材はアルミサイディング。
e0188555_17143169.jpg

以前は柄のバリエーションが少なかったのですが
最近は意匠の凝ったものも増えてきています。


半永久に塗装要らずといわれていますが・・・。


先日も質問のメールを頂いたのですが、
塗料でも次回までの塗り替えの目安として
20年という年数をあげているものがあります。
(アステックペイントや、TOTOの光触媒など)


これは、あくまでも目安であり、
必ずしも一度塗ったら「20年間塗装いらず」という訳ではないのです。
メーカーが「20年もちます!」と保証してくれる訳でもないのです。


塗装が仕様書通り、きちんとされていることを大前提にしても、
西日が強くあたる、湿気がきつい、工場が近くにある等々。
そういった条件によっても左右されます。


アルミサイディングも同じこと。
M様邸は交通量の多い幹線道路沿い。
条件としては過酷です。


念のため、
サイディングメーカーに推奨塗料の確認をとってみました。

「築年数の古いものについては、汚れてきたりして、塗装をしたという報告は受けている。
 アルミサイディングは錆びないということなんですが、
 やはり時間の経過とともに錆びてきたという事例も
 報告されているので、錆止めを入れておいてほしい」  
                             という回答を頂きました。




さあ、塗って行きましょう!

ブリードオフ
変性シリコンのコーキング部分にブリードが出ており
次回も同じことにならないようにブリードオフを塗ります。
e0188555_17572472.jpg



下塗り
ここで錆止め使用します。
まずは細かい溝から・・・
e0188555_1874245.jpg


次に大きな面を
e0188555_1882436.jpg



下塗り完了
e0188555_18944100.jpg



前回、色決めの話をしました。
さて、M様はどんな色を選ばれたのでしょう?


中塗り
また先ほどと同じように細かい部分から・・・。
e0188555_18114695.jpg



ハイ、M様は今回、やや濃いめのベージュを選ばれました。
白っぽい色だと汚れが目立つので、今回は濃い目の色になさいました。

上塗り
e0188555_2283123.jpg


上塗り完了
e0188555_2293093.jpg

e0188555_2295821.jpg





鉄部塗装

ポリカ波板の下の庇も
e0188555_22113687.jpg

波板を取り除き
e0188555_22121937.jpg

ケレン
e0188555_22143620.jpg

錆止め
e0188555_2213264.jpg



同じように雨戸も
ケレンののち、錆止め
e0188555_22163194.jpg

上塗り
e0188555_22173660.jpg



これらの工程を経て、工事完了!
施工前
e0188555_22192561.jpg

施工中
e0188555_2220278.jpg

施工後
e0188555_22204632.jpg




天侯がすぐれず、工期が長めになってしまいました。
M様、どうもありがとうございました。





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-02-26 17:44 | 外壁塗装
王子動物園サポーターズデイ パンダ編
寒さも少し和らぎ、春への期待が高まる今日この頃。

王子動物園サポーターズデイに参加してきました。
(梶川塗装は王子動物園の企業サポーターなのです。)

夫と子どもが参加予定でしたが、予定が入り
私と子どもで参加してきました。
e0188555_20305060.jpg


杉村園長さんから挨拶があり、
e0188555_20334493.jpg


赤穂獣医さんからこの一年の動物たちの動き
(亡くなったり、他園との貸出や借入、転出、転入、出生等)についてお話がありました。
e0188555_2038730.jpg

亡くなった動物たちの死因を見てみると、
胃潰瘍、癌性腹膜炎、肺水腫、肺炎、熱中症・・・。人間と同じ。

新しい命の誕生は、良く知られた動物ではコアラです。
生まれてしばらくは、有袋類のため、
お母さんの袋の中で過ごすのですが、
ぼちぼち、赤ちゃんの手や足が外に出始める頃なので、
運が良ければ観察が出来るのでは!?だそうです。


そして、いよいよ園内ガイドツアーへ。
e0188555_2056419.jpg

私たちはD班。パンダ舎からです。


で、今日はパンダについてお話しします。
案内されたのは、バックヤード、
e0188555_21101918.jpg

パンダの餌!!!
毎日、北区の淡河から取り寄せられているのだそうです。

竹、と一言で言いますがパンダの餌になるのは
孟宗竹(モウソウチク)
主に葉っぱを食べます
e0188555_21234430.jpg


トーチク
主に茎を食べます
e0188555_2127189.jpg


今の時期は食欲が旺盛な時期。
この時期は園内の竹でも食べてくれるのだそう。


そうでない時期はというと・・・。
パンダは視力が弱く、
食べるか食べないかを決める大きな要素になるのは
「匂い」

竹の葉っぱには虫が付いていることが多く、
虫の糞の匂いが少しでもするとNGなのです。

この時期の飼育員さんの一日の作業の大半は
竹の葉っぱをキレイに洗うこと。


余談ですが中国語でパンダは何と書くか
ご存知ですか?


正解は、熊猫


パンダは本来クマ科の動物。
クマ=肉食(雑食)ですよね。

なのにパンダは草食。


そう、本来パンダは肉食であったはずなのです。
弱肉強食による住み分け、つまり生き残るために草食動物になったのです。
これについては諸説あるようですが・・・。


肉食の体なのに、草食。


なので、栄養の吸収はあまり良くないとのこと。
パンダの糞
e0188555_2201061.jpg

まんま、竹の葉っぱ。
匂いもそのまんま。全然臭くないんです。


パンダに会いに行きます。
飼育員さん「ソウソウ~、ソウソウ!」

ん、旦旦では?

中国では 爽爽=ソウソウ と呼ばれていたそうで、
パンダの混乱を避けるためにも、飼育員さんは
中国と同じ呼び方、ソウソウと名前をよんでいた!
(ソウソウだったように記憶してますが・・・違ってたらスミマセン。サンサンだったか!?)


やってきた!
特別に大好物のリンゴをあげることになり、
e0188555_2272733.jpg

人参も。大喜びのパンダ、ソウソウ君なのでした。
e0188555_22112623.jpg



昨年、麻酔覚醒中の誤嚥で興興が亡くなりました。
だから、今は旦旦1頭だけ。


園長さんも、飼育員さんもおっしゃっていましたが、
中国の研究機関も「神戸は熱心に育ててくれている」と関係は良好で、
近いうちに神戸にもパンダが
やってくるかもしれない

とのことでした。
近いうち、といっても何年かはかかるようですが。



次回はクマ舎、クマについてお話しましょう。
60周年記念事業?
もうすぐ竣工予定で工事中のクマ舎も特別に見せて頂きました。



それでは、今日はここまで。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-02-20 22:19 | 神戸
明石市M様邸塗装工事完了報告  前編
寒いですね。
雪が降りだすと、「積もればいいのに」と、息子は
毎回のように期待していますが、虚しく空振り (+o+)
5~6年前に、一度積もったんですが憶えていない様子。


そんな中、梶川塗装事務所ではちょっとした変化が。
e0188555_22295224.jpg

カラーシミュレーションをバージョンアップすることになり、
それに合わせて、専用?PCを設置しました。
ご希望のお客様には、ご自分で配色設計してもらえるようにと考えています。
ノートPCをお客様宅に持参するという方法も今まで通りですのでご安心を。
使い慣れたwindowsではなく、画像の鮮明さで敢えてMacを導入。


その他、スタッフとの朝夕の会議、
他業種の方との打ち合わせ等にも使う予定です。


今までは奥の各々のPCまで来てもらっていたんですが、
散らかっていてハズカシイ事もありましたので。


シミュレーションを担当しているのは私。一番活用できなければいけない筈。
だけど・・・。
壊してしまいそうで怖くて
   まだ1回も触っていない
 んです。


昔、マック使ってたのに・・・。


早くマスターできますように。
昔のまんま、楽しいPCでありますように。
気難しくなっていませんように。








さて、明石市M様邸塗装工事、前編です。
今回は色決めあたりまでお話ししましょう。


M様邸、工事前の外観
ツヤはすっかり無くなってしまっていますが、
雨漏り等も無く年数相応の劣化に見えます。
e0188555_23133275.jpg

しかし、裏へ回ってみると、汚れが。
e0188555_23155175.jpg

M様邸は大きな幹線道路沿い。排気ガスによるものです。
よくよく見ると軒の下などに汚れが集中しています。



工事にかかります。

高圧洗浄
軒の下の黒くなっているところが
e0188555_23211587.jpg

洗浄後は黒ずみが取れて、少し明るくなっています。
e0188555_23215920.jpg




外装材は、サイディングです。
ただ、最近多く出回っている窯業系サイディングではなく、
アルミサイディングです。



下地補修などに入っている間に塗料の色決めを行います。
あらかじめ絞り込んでいた候補の3色を
実際に壁に塗ってみます。
e0188555_23354681.jpg

それぞれの色の下に番号がふってありますね。


何の番号かというと

カタログの色見本の番号です。
今回は日本ペイントのオーデフレッシュSiという、
シリコン系塗料のカタログです。(クリックで大きくなります)
e0188555_1116581.jpg



このようにカタログに掲載されている色は
メーカーの今までの経験、その時々の流行なども多少加味されますが、
汎用性の高い、多くの人に支持されるような色です。


実際壁に塗ったものと、カタログの色を比べてみて、
微妙に違うことに気付かれた方もいらっしゃるでしょう。
色を塗る面積が大きくなるほど色は薄く見えます。
面積効果と言います。



その他にも、
色の見え方は様々な条件によって変わってきます。
カタログを室内と室外とで見比べるだけでも色の見え方は違ってきます。
塗料の色を決定されるまでに
いろいろな条件で色を見比べてみることをお勧めします。



朝、昼、晩などの時間帯での違い、
天気によっても違うでしょう。
あと、建物の面・・・。
東西南北それぞれの面でも微妙に違います。



M様邸のように実際に色を塗ってみる方法のほかに、
塗り板を作ってみるという方法も有ります。
あちこち持ち歩けますので、
いろいろな所で壁にあてがって見比べることができます。
e0188555_11335721.jpg




さて、M様邸、どのような色になるのでしょうか?
あ、念のために言っておきますが、この実際に塗った3色の見本、
この上から何層かの塗膜が重ねられ、
キレイに隠れてしまいますので、ご心配なく。




後編は後日です。







兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-02-12 23:47 | 外壁塗装
兵庫区新開地A様邸 工事開始しました
久しぶりの雨ですね。


毎朝、息子の友達がポスト(家の外にある)の中身を届けてくれます。
今朝は嬉しい知らせを運んでくれました。
e0188555_131390.jpg

1級建築施工管理技士の試験合格通知です。
9月に筆記試験、11月に実地試験がありました。

実地試験は経験も必要ですが、ネックとなったのは文章力。
文章書くの、苦手 ((+_+)) なんです。

実地試験前に受けた模擬試験で
採点者のコメント欄に
「何が言いたいのか分かりません」 と書かれ、
かなり落ち込んでいました。


合格できて、ホッ。




さて、新開地A様邸塗装工事はじまりました。
現場は、新開地本通り
e0188555_23142147.jpg

化粧品屋さんです。
e0188555_22494616.jpg

私は5年くらい前に一度口紅とアイブロウを買ったんですが、
お正月、事務所ではなく自宅の方に年賀状が届いてビックリ (@_@;)
なぜ、梶川塗装と私が結びついたのか!?
一言もそういうお話はしていなかったので・・・。


私の顔と名前を覚えておられたとのこと


凄い!です。
私は中途半端に目が悪い事もあって、顔を覚えるのは苦手。
人違いも多いんです。
名前を覚えるのは得意です。



商業地域なので一般住宅のような規制がなく、
両隣と、くっついています。
e0188555_2384411.jpg



なので、足場は正面のみ。
歩道に足場がかかってしまうため、道路許可をとっています。
e0188555_2316071.jpg



外壁面のひび割れや
e0188555_23173319.jpg

雨漏り等も見られます。
e0188555_23183892.jpg



塗装の工程に入るまでの下地処理、防水工事、
しっかり施工いたします。



今日はここまで。


A様、よろしくお願いします。
どなたかの紹介でお問い合わせいただいたとのこと。
それが誰なのかは ヒ・ミ・ツ なのだそうです。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-02-08 23:22 | 外壁塗装
垂水区マンション工事、進んでいます
もうすぐ嫁いできて9年。
様々な職種の方とふれあう機会に恵まれ、
ときどき、ぼんやりと思うことがひとつ。

どの職業も根っこにあるものは皆一緒なんだなぁ・・と。


以前働いていた頃、
学生の指導や、院内の勉強会の企画との名目でいろいろな研修に参加しました。
(正直に云うと、参加させられてました。)
その中で今も印象に残っている研修が看護倫理についての研修でした。

退職前の引き継ぎで譲ってしまいましたが、研修にはこの本を使いました
e0188555_09573.jpg



看護はともかく、
倫理って・・・。難しそうですよね。



簡単に言うと、
看護師として日々の業務を遂行するうえで、
患者さんに対してどのような対応をするべきか判断しかねた時の
道しるべとなるような基本的な考え方
                         とでもいいましょうか。



大前提になるのが、対象となる人に愛着を持つということ。




どんな行為にしても、好きな人に何かをするときって
心もこもりますし、どうすればよりよくできるか、
いろいろな事に気を配りますよね。
事前に一生懸命考えもするでしょう。
相手がどう考え、どう思っているのか知るために
表情や言葉、仕草などに全神経を集中し、
感じ取ろうともする筈です。
そして、後になってから、あれでよかったのかな?と
自分なりに感じ取った相手の反応から、
今回の行動が正しかったのかどうか振り返ります。
それを踏まえて、じゃあ次からはこうしてみよう とか、
さらなる一手を考え出したりもします。


その方が本当に何を望んでいるのかは、
これらの一連の行為の中から試行錯誤の末、見つけ出して行くのです。



そのためには、、
どれだけ、お客様に愛着を持ち、
コミットできるか!



研修を受けていた頃には思いもよらないことでしたが、
まさか違う仕事をすることで改めてその大切さを思い出すなんて・・。
結局、職業倫理の倫理の部分は人としての生き方そのものなのだから、
どの職種にも共通して当たり前なのかもしれません。








垂水区マンション、順調に工事は進んでいます。

前回は外壁調査までお話ししました。

下地処理については、今回3期工事(3回目)なので、省略します。
※詳しくは昨年12月ブログ、兵庫区O様邸分をご参照ください。
http://kajikawa.exblog.jp/13885783/

塗装
塗装前に養生を行います
e0188555_1454837.jpg

塗装の場合は養生で済みますが、
ベランダ土間の防水工事の時には荷物を全部移動させる必要があります。
e0188555_146482.jpg

下地補修跡
e0188555_1381969.jpg

マスチック模様をつけ周囲となじませ
e0188555_1391275.jpg

下塗り
e0188555_1401652.jpg

中塗り
e0188555_1421311.jpg

上塗り
e0188555_143211.jpg



鉄部
ケレン
e0188555_1501657.jpg

錆止め
e0188555_1505863.jpg

隣へ隣へと移動しながら進めていきます
e0188555_1515446.jpg


電球のケースを外して、細かいところも抜かりないように
e0188555_1531746.jpg

塗ります
e0188555_1543313.jpg

ベランダ面完成部分
e0188555_1552435.jpg




もうしばらく工事は続きます。
入居者の皆様、ご不便をおかけします。
よろしくお願い致します。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2011-02-04 01:59 | 外壁塗装