カテゴリ:梶川塗装( 198 )
奥さん、乗ったらアカン
現場へ出るのは好きだと思う。
どちらかというと、デスクワークは苦手。



というわけで、この日もまた、現場へ。
さて!・・・と思ったらヘルメットが無い。



さすがにヘルメット無しはなぁ・・・
マズ過ぎる・・・



あぁ、何という痛恨の極み



恨めしそうに足場を見上げていると、
現場を仕切るスタッフ山本。
「奥さん、
乗らんほうがエエで」




「ヘルメットが無いからやめとくね」と返事をしたものの、
ヘルメットを持っていれば足場に登る気満々。




ヘルメット無しを申告前のダメ出しに、湧き上がる疑問




・・・・・ん
  ・・・・・なんで?





実を言うと、今回の足場は少し特殊。
e0188555_16192810.jpg

赤枠で囲まれた部分が空中に浮いたような状態になっています。



釣り足場という足場。



内部に入ってみると、このように上から釣られ、横から固定されているような状況。
e0188555_16264786.jpg





建物の敷地状況などにより、今回は、この足場を選択。




とはいえ
なんで?




標準体重ですし・・・・・
そこまでドン臭くはない(つもり)ですし・・・・・(汗)




なんでかな?






兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-03-26 17:02 | 梶川塗装
よかったぁ
3月19日(土)、
北区のあじさいスタジアム北神戸で
全日本少年軟式野球神戸大会、
準決勝、決勝、第3代表決定戦がありました。



残っているのは4校、そのうち県大会へ進めるのは3校。



息子はショートで出場
e0188555_1701623.jpg




息を呑む試合展開に、
声をからして応援・・・というよりは
ドキドキしながら、ひたすら祈るような思い。
何度両手を握り締めたことか・・・。



他のお母さんから
「固まってるよ~(笑)」



ハイ、本当に固まり、塊でした。
良く言えば、願いの塊・・・なんですが、
実際は、目が離せず、身動きもままならず、
私が出場する訳でもないのに緊張して声も出ず。



きっと 「岩」 だったかな!?



子どもたちのがんばりで、
第3代表での県大会出場、決まりました!



がんばったね、おめでとう!




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-03-22 17:30 | 梶川塗装
燦燦と降り注ぐ・・・運
うん   ウン        うん  ウン

   うん   うん  うん

ウン   運  うん
うん   運   ウン
ウン   




ピンと来られた方は、すごい運の持ち主かも・・・。



この沢山の 「うん」  「ウン」  「運」
実は新しく購入した軽トラックに、
購入後5日間で降り注いだ
鳥のウン〇の数。






さかのぼること2月23日、しかも仏滅。
お昼前の11時に納車された軽トラック。
e0188555_15191039.jpg

それから僅か1時間後。



思わず目を疑う光景が・・・・。
既に5つも鳥の 「ウン」。
フロントガラスに3つ、荷台カバーに2つ・・・・。



大急ぎで拭き取り、お客様宅へ。
お客様宅で1時間弱、用事を終え、トラックへ戻ると、
フロントガラスに・・・・「ウン」 、「運」。



それからも絶え間なく 「ウン」 は、降り注ぎ




今日もまた・・・「うん」が。



しかしながら・・・・・・
このトラックの何が、鳥の排泄欲を刺激するのだろうか?
見た目?  色?  乗ってる人?



もしかしたら
「おきばりやす!」なんて
鳥からの応援メッセージかも!?




「これでもか!」と降り注ぐ、ウンの数々
皆様に良運をもたらすトラックでありますように!






兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-02-29 15:37 | 梶川塗装
Jスタッフです
大変、お久しぶりに登場いたします。
単調な日常を送っているため、なかなかブログに貢献できません。。。

さて、2月は節分です。

節分とは、「季節を分ける」という意味です。
「季節の変わり目」は、立春・立夏・立秋・立冬と呼ばれますよね。
この前日を実は、節分と言い、どの季節にも節分があるわけです。

なぜ、2月の節分が広く知られているかと言いますと
年賀状に 新春・迎春など書くように、1年のうち最も大事なのが
【春】 になるんです。
その春が始まる前日は
『これから始まる新しい一年が不幸や災いの無い一年となりますように』
との願いを込める大切な節分だからです。



e0188555_14211078.jpg



ではなぜ豆をまくのか・・・・・諸説ありますが・・・・

昔、京都に鬼が出て、民を困らせていたら
神様からのお告げで 豆を鬼の目に投げて退治したという話しから

「鬼=魔」 
「魔を滅する」・・・「まをめっする」という言葉から豆まきの風習ができたそうです。


節分の豆まきは、煎った大豆でなければなりません。
生の豆だと、「芽が出てくる」=「魔から目が出る」になり
大変縁起が悪いとされています。


一年のうちに、4つの季節がある日本ならではの行事だと思います。

最近は、節分も商いの一つになって、言葉は見聞きしますが、
本来の意味や、想いは次世代にも引き継ぎたいものです。




さてさて、ペットネタです (=^・^=)
最近のムウは、自分も人間だと思っているのか? 人間の行動を真似ることがあります。



朝、洗濯機が “止まりました~♪” の音が流れて、行ってみると・・・


e0188555_14364735.jpg

『ハイハイ、できましたよ。 早く干しなさい』





息子が携帯電話を置き忘れ、テレビに夢中になっていると・・・


e0188555_14553195.jpg

『仕方ないなぁ。僕がラインの返事しとくよ』







それでも猫らしく高い所が好きなようなので、フンパツしてキャットタワーを購入したら


e0188555_14421579.jpg




・・・・・すっかり黄昏ていました・・・・ 






今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

e0188555_14433142.jpg








兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-02-02 14:57 | 梶川塗装
ほんの一瞬・・・見えた夢
お客様からの見積もり依頼をお受けすると、
まず、現況調査にお伺いする。



基本、屋根も、お客様の了解を得て見せて頂いている。
梯子を掛け実際に屋根に上って現況確認。
e0188555_1625029.jpg




が、やはり ヒヤリや、ドキリ が付きまとう。



何かあるとお客様にもご迷惑をおかけする羽目になる。
しかしながら、屋根は建物の中でも一番紫外線を浴び、傷みやすい箇所。
お見積もり前に是非確認しておきたい部分。
e0188555_1626274.jpg




現況確認は概ね2人でお伺いし、
ひとりが梯子を支え、ひとりが屋根に登ることにしている。



とはいえ、2人でお伺いしていても、危険は危険。



何か良い方法は無いものか・・・・・。
確実に、かつ安全に点検が出来る何か良い方法が・・・



自撮り棒(セルフィースティックと言うらしい) や、
e0188555_16415156.jpg




挙句の果てには
ドローンまで候補に挙がるも・・・・・・
e0188555_1642319.jpg




セルフィースティックは屋根までの長さが足りず、
ドローンは、規制が厳しい神戸市内は、ほぼ不可能。




何か方法は無いか?



ここ最近、スタッフの間で 「何か無いかな、何か無いかな」
ぐるぐる・・・・ぐるぐる・・・回り続けたお悩み。




ところが、2月1日のこと。
いつもお世話になっている塗料屋さんとともに、
思わぬ朗報のチラシが、もたらされた。



※ とあるメーカーのもので、チラシを掲載できません。悪しからず・・・。
が、私にはまさしく、このようにキラキラ輝いて見えたことは言うまでもありません。
e0188555_22524362.jpg




一瞬にして華やぐ事務所。
「わぁ スゴイなぁ」
様々な性能にウキウキ、ワクワク



気持ちは既に購入済み・・・



ウキウキ最高潮な中、
「 価格は? いくらするのかなぁ 」
チラシに価格は明記されておらず、ネット検索。
ン十万円くらいならナントカなる?・・・・なんて思った次の瞬間



ひゃ・・・・
  ひゃくよんじゅう
   まんえん!? 





事務所内にこだまする
「ひゃくよんじゅうまんえん」の絶叫



空気は一気にドン底。



長い沈黙・・・そのまま黙々と個々の仕事。



思わぬ朗報は、
「ひゃくよんじゅうまんえん」の言葉とともに
あっけなく砕け散った。



チラリ一瞬見えた夢。
いや、見なかったことにしたい夢なのかもしれない。
 





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-02-01 17:27 | 梶川塗装
新春、初めての  「 へぇ 」  
12年目になる我が家のキッチン。
e0188555_13243526.jpg

「 管理がしやすいキッチン 」 を、目標に
収納の配置から電気系統の配線、食器・食材収納庫まで一式。
考えに考えた末のキッチン。
広い作業スペースの確保と、直ぐに調理に取り掛かれるよう、
面台の上には極力物を置かないようにしている。
使い勝手は太鼓判。
12年経つ今も、時間に追われる私の一番の味方。重宝している。



ところが、やはり年数とともに不具合が出始めた。
最初はシャワーホース水栓のホース。
ある日突然穴が開き、水漏れ。
e0188555_13251787.jpg




そして、数日前、ついに食器洗い洗浄機が故障。
ウンともスンとも言わなくなってしまった。
キッチンの中でもエース級に、ガンガン活用しまくっていた食洗機。
ついにきたか・・・・・
e0188555_13271079.jpg





幸い、翌日の午前中にはメンテナンスに来てくださり
一部パーツの交換で修理できるとのこと。
ホッと、一安心。



念のため、一番の気がかりを聞いてみた。
「 食洗機を新しいものに変えたら、
 食洗機の部分だけが扉柄と違う色に
 なってしまう?
 そもそも新しいものに交換できるの? 」





「 あぁ、大丈夫ですよ 」と、いとも簡単に返事が返ってきた。
「この部分がマスクみたいになっていて、新しい機械に付け替え出来るんです。」
e0188555_13333346.jpg

懇切丁寧に教えてくださった。



型番違い、生産終了品なので・・・という理由で、
メンテナンス出来なかったり、
サイズが変わってしまっていて互換性がきかず、
買い換えなくてはならなかったり・・・。
涙を呑む機会が多かった、ここ最近の記憶。




込み上げる 「ホッ」と、
それ以上の 「へぇ」



これが新春初めての 「へぇ・・・・」



P社のメンテナンスさん、
迅速な対応と、丁寧な説明をありがとうございました!






兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-01-18 13:54 | 梶川塗装
本年も宜しくお願い申しあげます!
あけましておめでとうございます。
本年も沢山の方から年賀状が。ゆっくりと見せて頂きました。



ペットの近況、
歯のコンテストで表彰を受けた、
自宅から毎朝撮っている景色で干支をつくってみました~。
中には毎年必ず家族写真(お父さん自撮り)のご家族もあって、「あ、今年も・・・」
「 みんなちがって みんな いい 」
そんな言葉がふと浮かび、何度も見返してしまいました。



新年は6日から始動。
現場は本日から足場仮設の現場が。
作業スタッフは明日から出勤です。



年末に済ませるはずの入札の参加申請を昨日、ようやく済ませ、
ホッと一息。
e0188555_11522575.jpg





本日より順次工事に入ってまいります。
今年はどんなお客様との出会いがあるでしょうか?
ワクワクするような工事、思わず頭を抱える難工事?
期待に胸を膨らませる年の初め。
皆様、宜しくお願い申しあげます。






話は変わりますが・・・
こちらも無事、新年を迎えました。
e0188555_1131663.jpg





お医者さんが休みになるお正月。
どうなることやらと思いましたが、元気で新しい年を迎えました。




最近、見ていて思うことがひとつ。
「犬は年老いて奥目になる!?」




最初は分からず、「目が尖ってきた」と思っていました。
が、よくよく近くに寄ってみると
e0188555_11151167.jpg

目の縁の黒い部分が大きくなってきたのです。
で、尖って見えることに気付き・・・。




こちらは往年の名車フェアレディZ
眼(ヘッドライト)の部分なんですが・・・
e0188555_11162859.jpg





思わず
似てる!




これ以上進行しないように顔マッサージ。
無事年は越せましたが、
「大丈夫?」と、
思わず声をかけたり駆け寄ったりする機会は増加の一途。



皆に囲まれ、愛情を受けながら
苦痛なく・・・幸せに・・・。





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-01-08 11:54 | 梶川塗装
1年の終わりに
ようやく1年が終わろうとしています。


先日今年最後のお弁当作り。
最後だからと豪華バージョン、えびフライとハンバーグ入り!
カリフラワーに卵焼き、大学いも!
食中毒が怖くて、ついつい火を通しすぎるのはご愛嬌。
e0188555_1520401.jpg




和室の掃除をしていると中学校から元気な声が聞こえてきて
e0188555_15224193.jpg




たまらず観戦。



3年生 対 1・2年生
e0188555_15222238.jpg

受験勉強の鬱憤を晴らすべく?・・・・・パワー炸裂の3年生。








さて、おかげさまでこの1年も多くのお客様に支えられ、無事終えることが出来ました。
最終完了のお客様は12月28日。
皆様ありがとうございました。



この1年を通じて感じたこと。
この業界にかかわる法律の多くが改正に次ぐ改正。
民法も大きく変わります。



10月に宅地建物取引士の法定講習を受講しました。
e0188555_21234355.jpg

空き地の問題や、災害時のマンションの区分所有のあり方、
昨今の様々な出来事を踏まえ、法律が細かに改正されていました。
また、税法も・・・。
1日ガッツリ講習だったのですが、改正点が多すぎて、あっという間。
終わってどっと疲れ・・・。資格者証を頂き、ホッ
e0188555_014583.jpg




時代の波ってこういうコト ?
ものすごい大波にすっかり呑まれてしまっている自分を実感。
この荒波を乗り切るには、色んな専門職の方と手を取り合わないと
呑まれ、流されてしまうと、ヒシヒシと感じました。



専門職として深く掘り下げ特化したい思い。
そして、お客様からの要望。
出来る限り「ハイ、承知いたしました!」と気持ちよくお受けしたいもの。
「建物のことなら何でもお任せください!」
目指して、まだまだ邁進中ですが、
進めば進むほど、それに付随することも見えてきて、更に増えてくる始末。
そしてそれが、どんどん変わってきていているのだから・・・タマラナイ。



「 お客様にとって、何がベストか 」
毎年のように掲げ、指針にしている言葉。



ありったけのお金をかけ、良い材料を使い、
今起こっていることに対して、そして、これから起こりうる不具合を予測したうえで、
ありとあらゆる補修をする・・・・ある方にとってはベストなのかもしれません。
ですが、お客様によって、事情は様々。
それぞれ違っていてもよい筈だと思うのです。
そんなお客様の一歩先を行く提案ができるように・・・。
日々、そう心がけています。
とはいえ、
それがいかに難しいことか、痛感した年でもありました。




さて来る新年に、どんな目標を掲げ、
来年末にはどのような締め括りをするのでしょうか?
年間を通じてモチベーションを保ち続けるためにも、しっかり、ゆっくり
・・・お正月!




目まぐるしく変化する世の中の流れに取り残されないように、
進むべき方向性を見失わないように、
積極的に情報に触れる機会を増やし、世の中の動きを見据えて行くつもりです。




最後に、お客様をはじめ、協力してくださる業者の皆様、
そして、いつも見事な踏ん張りを見せてくれる弊社スタッフにも
ありがとう
 ございました







兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2015-12-29 17:17 | 梶川塗装
Jスタッフです

北区は寒い朝晩をむかえております。
いよいよ、今年もカレンダーが一枚になりました。


さて、みなさまは「年賀状」を書かれますか?
私の好きなアイドルグループが、年賀状をください♪ と宣伝してますので
少し年賀状の歴史を調べてみました。


7世紀中盤の大化の改新により、さまざまな制度が整えられ
政治的な伝令書を届ける「飛駅使」制度が始まりました。

江戸期に入ると「飛脚」制度が充実して、武士階級だけでなく
庶民が手紙を出すことが普通になってきました。

e0188555_1465459.jpg



明治20年ごろになると「年賀状を出す」ということが、国民の間に
年中行事のひとつとして定着しました。

e0188555_14371079.jpg


当時、郵便物は受付局と配達局で、2つの消印が押されていました。
でも年賀状の消印は「1月1日」がいいので、それをねらって
年末の27日、28日あたりと、元旦当日に郵便局が大変なことになっていました。
その結果、現在のように「年賀郵便」は特別取扱いで配達する仕組みになりました。



でも、戦争中は「年賀状どころではない」という風潮に変わり
「お互に年賀状はよしませう」というポスターを掲げました。

e0188555_14223050.jpg



戦争が終結し、京都在住のある民間人が
「年賀状が戦前のように復活すればお互いの消息も分かり、立ち直るきっかけとなる」
と考え、お年玉くじ付きはがきのアイデアを郵政省に持ち込みました。
そして、世界でも類を見ない制度が実現しました。

e0188555_1426781.jpg



平成10年以降の年賀状は微減傾向が続いています。
でも「年賀状」は、民衆自身が育ててきた文化で、
世の中が平和であるという証でもあります。


師走は何かしら気忙しいのですが、「1月1日」の消印に間に合わなくとも、
やっぱり私は一言添えた年賀状を書こうと思います。

e0188555_14303492.jpg




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2015-12-04 14:39 | 梶川塗装
勢いで・・・京都
ずっとずっと行きたかった展覧会が終わってしまう
琳派誕生400年記念 
 琳派 京(みやこ)を彩る



今日しかない
今日しかない



という訳で、勢いだけで
「京都国立博物館で開催中」 だけを頼りに、
十三から河原町行き特急に飛び乗った。
何とかなるだろう と、思ったのだ。



ところが、河原町駅を降り、地上に出て直ぐ
思わず独りツッコミ
「どうにもならんやろ」


恐ろしいくらいの、 人、    人、   


まぁ なんということか・・・・。



人の波に呑まれ、流されるまま、鴨川を渡り
南座
e0188555_14122190.jpg



気を取り直して、とにかく南東を目指し
見知らぬ路地に入り込み
e0188555_14131137.jpg



建仁寺にぶつかり
e0188555_14134959.jpg



またまた路地に彷徨い出て
安井金比羅宮に出た
(何も知らなかったが縁切りで有名な所だそう)
e0188555_14161531.jpg




ガイドブック地図も、何ももたず、
ましてや、未だガラケーなので検索の術も無し。
とにかく脇目も振らず南東目指して闊歩闊歩。
それ故か、街歩きのベテランと勘違いされ
御一行様に付いて来られるというハプニングに見舞われながらも
ガンガン歩く歩く。



だけど・・・・・
南へ行き過ぎてやしないか・・・・・
不安になり始めた頃、東山五条の交差点付近で
道案内ボランティアのオジサンに遭遇。
「もうちょっと・・・には遠い距離だけど、
     このまま真っ直ぐやで」

お墨付きを貰い、またまた歩く。





そうして・・・ようやく
着いたぁ!!!
赤坂迎賓館でも知られる片山東熊設計の建物が見えてきて
e0188555_14284451.jpg

ホッと安堵。



残念ながら現在は改修工事に向けて閉鎖中。
口をあけて眺めながら
e0188555_1431613.jpg




会場の平成知新館へ
e0188555_1431563.jpg




会場も凄い人で、
最前列で見たいものは列に並び、
そうでないものは、人垣の間から観た。
e0188555_14525695.jpg




ミーハーなのは百も承知。
観たかったのは 俵屋宗達の 「 風神雷神図屏風 」
e0188555_14482359.jpg

e0188555_1448441.jpg




私を京都行きに駆り立てたのは、
この「風神雷神図屏風」に関する、とある研究者さんの仮説だった。



貿易商で書家でもあり、宗達と親交の深かった角倉素庵。
晩年ハンセン病を患い、人目を避けるため山奥に隠遁した。
本来は赤く描かれることの多い雷神を宗達が白く描いたのは、
病によって肌が白くなってしまった素庵を雷神に、
宗達自身を風神に見立て、素庵に寄り添いたいという
宗達の気持ちを表現したものでは?
という説。


だとしたら、この風神の、雷神の無邪気で楽しそうな表情の説明が付く!
仮説とはいえ、妙に納得し、ストンと腑に落ち
同時に、ものすごく感動してしまったのだ。


当時らい病と呼ばれたハンセン病。
国による隔離政策は、1907年から1996年まで続いた。
が、完治の方法が確立された今も、差別は根強く残っている。
不治の病、前世の因果による病とされていた江戸時代。
人々の目は、今よりもっと厳しいものだったに違いない。
そんな頃、敢えて宗達が、
素庵への変わらぬ友情を表明したのだとすれば・・・



今までとは、全然見方も変わるんじゃないか・・・そう思ったのだ。
念願かなって、じっくりと最前列で かぶりつき。



3時間滞在の後、博物館を後に。



河原町駅前で
今年20周年を迎える
皆川明さんの mina perhonen 京都店に立ち寄り、京都を後にした。
e0188555_14583940.jpg




行きたいところには行けたし、
あの人の多さ、もうしばらく京都は懲り懲り!?



平日なら、もうちょっと空いているんだろうか。



やっぱり行きたい・・・ゆっくりと、京都





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2015-11-25 15:38 | 梶川塗装