スキマ時間に
ずっと行きたいと思っていたイベント。





神戸・みなと・時空
「鈴木商店記念館」
e0188555_16273009.jpg
















随分前に、玉岡かおるさん著「お家さん」と、
城山三郎さん著「鼠」を読んでから、
良く知りたいと思うことのひとつ。



昨日2月26日(日)、
息子の野球観戦前を狙って、行ってきました。
ご近所のお寺(通称ねこ寺)のウメの花が匂やかに満開。
e0188555_14590134.jpg

















春は直ぐそこ!そんな実感が嬉しい朝。
e0188555_14593277.jpg


















会場はKIITOホール。
  開館一番で、人影はまばら。
e0188555_13275918.jpg

















雰囲気のあるエントランスに
当時が偲ばれるようで期待はさらに高まり。
e0188555_13320662.jpg

















2階でしばらく迷子になった後、
ついに到着!
e0188555_13353467.jpg

















思ったよりも展示スペースが小さく、
少し残念な気分でしたが、
創業当時の暖簾や、法被、
大番頭の金子直吉が社員へ宛てた檄文(天下三分の書)などが展示されていて
一時間ほど、ゆっくり見学。



当時肩を名並べた三井、三菱はどちらもグループ内に銀行を持っていた。
が、鈴木商店は持っていなかった・・・ことが
経営破たんの一番の原因と考えられているよう。




とはいえ、こんなにたくさんの会社の母体であったり、
関わりの深かった鈴木商店。
e0188555_13562907.jpg

























係の方から案外アッサリと撮影許可が。
ですが、これから行かれるかもしれない方のために
写真は載せずにおきます。




ご興味のある方はコチラのサイトへ
e0188555_13501365.jpg






















鈴木商店の当主、
鈴木よねさんの本宅は須磨区にありました。
今は、とある会社の社宅が立ち並ぶ一角になっています。



広大な敷地。
当時、鈴木商店がどれだけの勢いだったかを窺い知ることが出来ます。
それだけの会社が、誤解の含まれた新聞記事と、
その記事に扇動された世論に
あっという間に飲み込まれてしまい、
誤解を正す間もなく焼き討ちに遭ってしまう。
そして、衰退、破綻。
どれだけの波乱万丈。
車で邸宅跡地の社宅前を通りかかるたび、なんともいえない気持ちに・・・。



そんな邸宅跡地に程近いK様邸、
3月3日(金)より工事開始です。



近隣の皆様、本日ご挨拶に回らせていただきました。
ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。


by kaji-kawa | 2017-02-27 16:31 | 梶川塗装
<< 土曜日の涙 、 日曜日の涙 メリケンパーク照明灯工事、進ん... >>