息子とルミナリエ
先日、息子が12年ぶりにルミナリエへ行った。




帰宅するなり開口一番
「お母さん、オレ、ルミナリエ募金したで」



「 へぇぇ  どうしたん? 」
聞くと
彼には複雑な思いのルミナリエだったようだ。




12年前の息子の記憶は、この写真通り。
テンションアゲアゲ ↑ ↑ ↑ ↑
歌って踊ってはしゃぎまくり・・・・
e0188555_16283563.jpg

光に包まれ埋もれ、
何もかもがキラキラで物凄く輝いていたのだ。
思わず歌や踊りが出るくらいに感激し、
幼いながら、忘れられない記憶として残っていたのだろう。




ところが・・・・
12年ぶりのルミナリエは彼の記憶と大きく違っていたらしい。
「 色も寒々しかったし・・・ 」
「 なんかキレイねんけど寂しかった・・・ 」
「 昔からあんなに小さかった? 」




ポツリポツリと話してくれた胸のうち。




震災からの復興の願いをこめて始まったルミナリエ。
学校で授業があるとはいえ、
震災を経験していない息子には、良く分からないながらも
その神秘的な空気や光景は忘れられない大切な記憶の一部なのだろう。
その大切な記憶が?
このままでは、もしかしたら無くなってしまうのでは・・・・?




「 何とか続いて欲しい! 」
彼なりの思いを募金に託したようだ。




「ルミナリエ、神戸の人は行かないよ~」なんて
通行規制や人ごみの多さに辟易して
思わず言ってしまった私のほうが恥ずかしくなった。





兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2016-12-08 17:29 | 梶川塗装
<< チビリチビリ・・・ふぅ~ 粕汁三昧! >>