久々の映画
先日、アイルランドで同性愛婚を認める法案が可決された。
そして、このブログを書いている途中、
アメリカ全土でも同性愛婚が合法化との速報。



最近このような話題に関連して LGBT という言葉を聞かれた方も多いのでは?



LGBTは性的少数者を指す言葉
L・・・Lesbian (レズビアン)
G・・・Gay (ゲイ)
B・・・Bisexual (バイセクシャル)
T・・・Transgender (トランスジェンダー)



今回はLGBTではなく、LGSMの話題。



先日、映画を観てきました。
「 パレードヘようこそ 」(原題 Pride)は、
イギリスでの実話を元に作られた映画。
e0188555_1526043.jpg




ゲイのマークはある日、テレビニュースでサッチャー首相の炭鉱閉鎖案に反対し、
ストを続ける炭鉱労働者の存在を知る。



ゲイとして社会から理解されず迫害をうける日々。
政治的な都合で
社会から簡単に切り捨てられようとしている炭鉱労働者に共感を覚えるマーク。
「戦う炭鉱労働者に
     何か手助けできないか?」

その日は性的少数者の権利を主張するパレードの日。
マークは仲間に、炭鉱労働者への支援を呼びかけ、
LGSMという組織を立ち上げた。
e0188555_15275660.jpg

LGSM・・・
Lesbians and Gays Support The Miners
(炭鉱夫支援レズビアン&ゲイ会)



時に募金箱に唾を吐かれ、暴言を浴びながらも
日々街頭に立ち、ある程度のお金が集まる。
が、炭鉱労働組合は「レズビアン&ゲイ~」からはお金を受け取ってくれない。



直接炭鉱へ交渉すればどうだろう?・・・とある炭鉱の町へ電話。
幸い電話を受けた老婦人が
「レズビアン&ゲイ~」を上手く聞き取れなかったため、
彼らの募金の意思は無事伝わり、了承される。



後日マーク達の所へ炭鉱から労働者委員のダイがやってくる。
「ところで、LGSMって?  L はロンドンの略かな?」尋ねるダイ。
e0188555_1530686.jpg

LGSMとは・・・・正直に答えるマーク。



躊躇するダイ。
が、マークたちの好意を受けることを決意。
その夜のゲイ・バー。
ダイは壇上に立ち、集まった人々に感謝の気持ちを伝える。


「あなた方が下さったものは、
 お金ではなく、
  かけがえのない友情です」



ダイのスピーチは、LGSMメンバー、その場に居合わせた人々の心を打ち
募金は莫大な額に膨れ上がる。



感謝の意を表して、
ダイを中心とする町の労働者委員会はLGSMのメンバーを町へ招待することに。
ところが、閉鎖的な小さな町。
ほとんどの住民が風紀の乱れを心配し、大反対。


招待初日・・・・・案の定ほとんどの人は席を立ち、帰ってしまう。
翌日・・・・・好奇心から集まった町の人々。
気まずい空気の中、ふと音楽にあわせて踊りだすLGSMメンバーの一人。
ノリノリのイカしたダンスに村の女性陣が引き込まれ、大盛り上がり。
e0188555_15342860.jpg

以前から女性とダンスをしたいと思っていた男性陣。
思わずLGSMメンバーにダンスの教えを請う。



「ゲイも、私たちも同じ。」
そう気付いた町の人々は徐々にLGSMメンバーとの交流を深めていく。
地道な募金活動に、更に力がこもるLGSMメンバー。
彼らは炭鉱労働者の過酷な暮らしを支える希望の光ともいえる存在に。



面白くないのが、一部の保守的な考えの住民。
「ゲイに助けられるなんて、情けない。」
LGSMと、炭鉱の人々との交流を新聞社にリーク。
「オカマがストに口出し」
全国誌で大々的に報じられてしまう。
炭鉱労働者とゲイ。
嘲笑とも取れる世論の反応。
他の炭鉱からも、炭鉱労働組合からも大バッシングを受け、窮地に立たされる。




そんな中、
「逆境にこそ強さを発揮するのがゲイ」
一発大逆転を画策するマーク。
e0188555_15384689.jpg

その秘策とは?・・・・そしてストの行方は???



後は映画をご覧ください 



笑いの要素を散りばめつつも、
言われなき暴行や、エイズで命を落としていく
ゲイの人々の切実な背景もしっかり描かれている。



炭鉱労働者のプライドを守るため、ゲイの人々がプライドを賭けて臨んだ行為。
ラストは感動モノ。是非是非、観て頂きたい映画。



残念ながら、
神戸のシネ・リーブルでは6月26日(金)で上映が終了してしまいました。
レンタルで、是非。



「 パレードへようこそ 」 公式HP
http://www.cetera.co.jp/pride/



※ブログに使用した画像は公式HPからお借りしました



兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2015-06-27 16:03 | 梶川塗装
<< Jスタッフです 忽然と・・・・え”・・・・・(汗) >>