あっぱれ!日本の家屋・・・新年度を迎えて
ウサギ小屋といわれて久しい日本の家屋。




が、このウサギ小屋、なかなか・・どころか、とてもとても良く出来ている。
この仕事に従事して沢山の家を見せて頂くなかで、つくづく思う。
昔ながらの日本家屋は丹念に手が加えられていて丁寧な造り。
大工さんの気迫さえ感じる家も。
それに比べて最近の新しい家は比較的簡単に建ってしまうけれど、
合理的な構造で効率が良い。
後々のメンテナンスのことも良く考えられている。




進出先の海外でも高い評価を得ているとのこと。
e0188555_16372169.jpg





そんな日本の家屋、果たして何年住み続けられるのだろう。
e0188555_16545889.jpg





戸建住宅でも集合住宅でも、お客様によく尋ねられること。
統計によると木造住宅で概ね64年、
RC造では諸説あって60年、80年、120年と言う数字まで出てきている。
あくまで統計上の数字。
きちんとした数字が出ないのは、ダメになる前に取り壊されてしまう建物が多いから。
建て替えられたマンションの場合、建て替えまでの平均年数は33.4年。
が、決して建物が
「 住めなくなったからではなく、古くなったから 」 取り壊され建て替えられたのだ。




住み継ぐ・・・と言う感覚が日本人には根付いていないのかもしれない。
減価償却という見方や、
住宅が流通する際に築年数が評価に大きくかかわることが原因だろうか?
おおむね築年数20~25年で建物の価値はゼロとみなされる。
資産価値がゼロになれば、取り壊され、新たに建てなおされてきた日本の家屋。




いずれ価値がゼロになるものに手は掛けない 
             ↓   
          建物が傷む      ↑
             ↓    
          価値が落ちる →  ↑
          


そんな負のスパイラルの繰り返し。




更には取り壊しにもお金がかかるからと放置される家屋。空き家。
日本の空家率。平成25年の調査では13.1%
平成35年には21%とも、30%を超えるとも言われている。
既に建て過ぎ・・・なのだ。
新築住宅の供給数は徐々に減っていく見込み。
そして、増加する中古住宅の流通に併せて、
築年数に頼らない新たな価値算出方法が求められている。




住み継ぐために・・・たとえ住まない選択をしたときでも、
売買時に 「 どのように住まわれたか 」 が、加味されるような価値の算出法なら、
住まい手のメンテナンスに対する意識も変わってくるのではないだろうか。
そして、質のよい中古住宅の流通にも繋がるのではないだろうか。
e0188555_16554338.jpg





ここ数年建物そのものの価値を適正に判断するため、
インスペクションという考え方が普及し始め、
業者向けの勉強会も増えてきている。
インスペクションとは建物診断のこと。
インスペクターというひとつの職業としても認識されはじめている。
言うならば  建物のお医者さん!?
e0188555_16565337.jpg





先日のこと。お問い合わせをいただき、お伺いしたお客様。
お客様の家を建てた建設業者から提案された修繕見積書を見せてくださり
「この家が、どのような状態で、どういう工事が必要かきちんと診断して教えて頂きたい。
本当に業者さんから提案された工事全てが今、この家には必要ですか?」
と、ご主人が仰いました。






住まわれ続ける “ 日本の建物 ” を応援したい。
そのためには何が求められるのか?
もっと肩の力を抜いてメンテナンスに向き合えないだろうか。
暮らしの中にメンテナンスが自然と組み込まれれるには、どうすれば?





きちんと住宅診断を行えば、「この工事は〇年後に・・・」「この工事は不要」。
正確な情報をお客様が知ることで、
そのお客様だけのメンテナンス計画をお客様とともにカスタマイズして作成出来れば!
そうすれば資産価値も維持でき、
ひいてはコストパフォーマンスにも繋がるのではないだろうか。
その中には、ちょっとした楽しみの要素もあれば尚のこと・・・。
e0188555_16562516.jpg





そのためには?そのお客様にとって、建物にとって、どうすることがベストなのか?
今年もまた、向き合っていきたいと思います。





さて、梶川塗装は3月から新年度が開始。
遅ればせながらの新年度の目標宣言!!!
日々精進!






兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸
外壁リフォーム 神戸

70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2015-03-07 16:58 | 梶川塗装
<< 行きたいなぁ・・・ ム~ミン!ム~ミン!ム~ミン! >>