カラーシミュレーションが出来るまで
皆さんは、家を塗り替えする時、何を重視されますか?
工事代金はもちろんのことですが、
塗り替える色も、また、重要な要素です。
どんな色を選ぶかによって、イメージがガラリと変わってきます。


梶川塗装では、6年前から、
カラーシミュレーションを導入しています。
お客様からご希望があれば、その系統の色から、
イメージがわかない、分からないという方には、
こちらから何パターンか提案をいたします。




今日は、このカラーシミュレーションができるまでを紹介したいと思います。
(写真はクリックしていただくと、大きくなります。)




まずは、デスクトップから、
e0188555_1649734.jpg

画面左上のPredeusCSというところから入っていきます。
Predeusはクラボウというメーカーから出ています。




e0188555_1434395.jpg

あらかじめ取り込んでおいた画像を選択します。
電線などを消すことも可能ですが、現実離れしてしまうため残しています。




e0188555_14362557.jpg

塗り替える色ごとに、マスキングしていきます。
外壁、屋根、軒、破風、樋などに分けていきます。
外壁がツートンカラーのお宅の場合は外壁1、外壁2に分けます。
*注・・・この紫色は、マスクの色で、実際に塗る塗料の色ではありません034.gif



ザックリとマスキングします。
点か線でしか作業ができないため、ザックリになってしまうのですが・・・



しかし、このままでは、サッシや、庭木にも色がついてしまいます。
これから、マスキングしてしまった余分な部分を取り除いていきます。
ここからが細かい作業です。
ここを、丁寧にするか、しないかで、出来上がりが全然違ってきます。
この作業が済むと、正直ホッとします。
e0188555_15185173.jpg

木の葉のマスキングはこのように外していきます。少~しずつ、地道な作業です。



e0188555_15194663.jpg

窓枠の周りの点線は、消しゴムツールで窓枠部分を取り除く選択をしています。




作業を進めていきます。
e0188555_1533988.jpg




他の部分も同様にして・・・




ようやくマスキング完成!
e0188555_1534153.jpg





次は配色設計です。
e0188555_15413630.jpg

画面右側にたくさんの色がズラーッとあります。
まだまだ下にも続くのですが、ここから色を選んでいきます。



光線の加減などで、色の濃淡が正確に出ないことがあります。
色番は参考程度に考えてください。




プランは3つ

e0188555_16355924.jpg

e0188555_16273354.jpg

e0188555_16251726.jpg







これを1枚の用紙にまとめ、お客様にお渡ししています。
e0188555_1629359.jpg





このように紙でお渡しする方法のほかに、
打ち合わせの時、マスキングを済ませた状態での、ノートパソコンを持参しますので、
配色設計をお客様自身でお試しいただくことも可能です。



試してみたい色がありましたら、是非どうぞ!



そして、最後に画像を使わせていただいたY様、ありがとうございます。




兵庫 神戸の外壁・屋根塗装は梶川塗装におまかせください
外壁塗装 神戸


70年余の歴史のなかで、いろいろなお客様とご縁をいただき、皆様にそだててもらったような気持ちでいます。ですから、少しでも喜んでもらいたい、役に立ちたいと日々思いながら仕事をしています。
by kaji-kawa | 2010-04-14 16:58 | 外壁塗装
<< 西柳原 ALCの外壁塗装です 受水槽の特殊塗装?ライニング工法 >>